ニュースリリース

マウスコンピューター、Windows 10 Mobile 対応スマートフォン
「MADOSMA Q501A」を発表

- 現行機のアップグレードサービスも実施 -

2015.11.09

MADOSMA

MADOSMA

※画面はイメージです。

株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都、以下「マウスコンピューター」)は、Windows 10 Mobile 対応スマートフォン「MADOSMA Q501A」を発表します。

Windows 10 Mobile を標準で搭載した「MADOSMA Q501A」は、2015年内に出荷を予定し、価格はオープン価格※となります。

※オープン価格の商品は標準価格を定めておりません。

また、現行のWindows Phone 8.1 Update を搭載した機種「MADOSMA Q501」の当社サービスセンターにおけるOSアップグレードサービスも実施。アップグレードサービスは2015年内に受付を開始し、アップグレードの適用完了後順次返却予定となります。サービスは有償となり、3000円(税別)+送料(センドバック:片道送料お客様ご負担、着払い不可)となります。

お客様ご自身で実施して頂く、OTA(無線通信)によるOSのアップグレードは、準備が出来次第、当社サポートページにて告知予定です。OTAによるアップグレードは費用発生いたしません。

※OTAによるWindows 10 Mobile へのアップグレードを行う際は、大容量のデータ通信を行う為、Wi-Fi環境が必須となり、アップグレード作業に約1時間の時間を要します。

販売は製品出荷開始後、各量販店より順次開始され、マウスコンピューターの楽天市場店、電話通販、マウスコンピューターダイレクトショップでの取り扱いも行います。

製品の概要

Windows 10 Mobile 搭載MADOSMA Q501A概要

現行機であるWindows Phone 8.1 Updateを搭載したスマートフォン「MADOSMA Q501」のハードウェア仕様はそのままに、搭載するOSをWindows 10 Mobile とした製品となります。

更なる高速化を実現した新世代ブラウザー「Microsoft Edge」や、単純な音声認識、検索にとどまらない「Cortana」の搭載などとともに、"ユニバーサル Windows プラットフォーム"に対応し、PCはもちろん、タブレットやゲーム機などと従来OSとはレベルの異なるシームレスな連携を実現するWindows 10 Mobile は、MADOSMAの利便性を飛躍的に向上させます。

製品特徴

■CPU
1.2GHz駆動の64bitクアッドコアCPUを採用。利用するアプリや機能に応じて最適な組み合わせで動作。消費電力を抑えつつも、サクサクと快適な操作を実現します。

■ディスプレイ
約 5.0 インチHD IPS 方式液晶(1280×720)を採用。大画面で、美しい映像描写を実現します。

■4G LTEネットワーク

Band 1(2100MHz)/ Band 3 (1800MHz)/ Band 19 (800MHz)の3バンドによる高速通信LTEネットワークに対応しています。

■重量
5インチの大画面液晶を採用しつつも、わずか125gの軽量さ。手首に負担をかけないストレスフリーな使い心地を実現します。

イメージ イメージ

  • ※ Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ※ Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Core、Core Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。
  • ※ 記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
  • ※ 記載されている情報は発表時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了となることがあります。
  • ※ 画像はイメージです。