ニュースリリース

マウスコンピューター、ハードディスクのデータ復旧サービスを受けられる
「データ復旧サービス付き」ハードディスクをBTOにて販売開始!


2015.07.22

「データ復旧サービス付き」ハードディスク

株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都、以下「マウスコンピューター」)は、パソコン注文時に1年間のデータ復旧サービスを付帯したハードディスクをBTOにて販売開始いたします。


今回発表する「データ復旧サービス付き」ハードディスクBTOはマウスコンピューターブランド、G-Tuneブランドで販売するデスクトップPCを対象に7月22日(水) 15時より、マウスコンピューターWebサイト、電話通販窓口にて受付を開始します。

マウスコンピューターは、今後も新しいサービスを創造し、お客様の多様なニーズにお応えします。

本サービスの概要

データ喪失のトラブルには大きくわけて2つあり、ウイルス感染やOSの不具合、論理構造障害で読み取りが出来なくなってしまう「論理障害」と、ハードディスク自体に故障が生じ 正しく動作せず、データが読み込めなくなってしまう「物理障害」があります。


本サービスはどちらの障害であっても、パソコン購入時に本サービスをお申込み/ご購入頂いた方を対象にご購入から1年/1回に限り、対象のドライブのデータ復旧を行うサービスとなります。※
※本サービスは1年間/1回のデータ復旧サービスの受付を提供するものであり対象のストレージに保存されたデータの復旧を保証するものではございません。


一般に提供されているデータ復旧サービスの場合、ハードディスクの調査/確認で基本診断料が発生し、更にデータ復旧に関しては、復旧するデータ容量に比例して膨大な費用が発生しますが、本サービスでは該当のハードディスクに入っているデータであれば追加費用が発生することなくデータ復旧を行い、更に該当のストレージを当社にて代替品に交換した上でユーザー様にご返却させて頂くサービスとなり、リーズナブルな金額にて該当のサービスが付帯したハードディスクをお選び頂けます。※
※本サービスは購入時に該当ハードディスクをお選び頂く事でお申込み頂けます。
※お手持ちのハードディスク等にデータ復旧サービスを後付けする事は出来ません。予めご了承ください。

本サービスの申し込み方法

マウスコンピューターWebサイト、データ復旧サービス付きHDD選択可能モデルにて、当該サービスをカスタマイズでお選びいただく、または電話通販窓口にてお申込み頂けます。

ストレージベンチマーク

※ スコアは自社計測による参考値です。ご利用環境により測定結果に高低が発生いたします。

サービス付帯ハードディスク選択可能容量:

1TB、4TB、6TB ハードディスク

サービス付帯ハードディスク選択可能台数:

最大2台まで ※
※搭載可能台数はモデルにより異なります。

データ復旧サービス提供モデル:

マウスコンピューター、G-Tune、デスクトップモデル
※一部製品を除く。

本サービスはマウスコンピューター、AOSリーガルテックの協業にて予期せぬストレージのトラブルに対してデータ復旧サービスを行うものとなります。

  • ※ Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ※ Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Core、Core Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。
  • ※ 記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
  • ※ 記載されている情報は発表時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了となることがあります。
  • ※ 画像はイメージです。