ニュースリリース

G-Tune、ニコニ立体「3Dモデリングコンテスト」協賛決定!

〜 G-Tune 賞のハイスペックゲーミングパソコンを手に入れよう! 〜

2014.09.16

NEXTGEAR-MICRO シリーズ

NEXTGEAR-MICRO シリーズ

※ 画像はイメージです。

株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都)は、9月 16日(月)より開催される、「ニコニ立体」における「3Dモデリングコンテスト」への協賛を決定したことを発表致します。
当データは、多数の MMD 向けモデルデータを制作されている 3D モデラー「銀獅」氏により制作されています。
「ニコニ立体」は株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)及び株式会社ニワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役:杉本誠司)の両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」( http://www.nicovideo.jp/ )において、2014年 5月に開始した、3D モデルや MMD モデルを投稿・配布・閲覧できる立体投稿共有サービスです。
ニコニ立体では、3D クリエイターであれば誰でも参加できる本コンテストを通じて、アマチュア 3D クリエイターの創作活動活性化を目指します。

マウスコンピューターは、今回の「3Dモデリングコンテスト」協賛に伴い、G-Tune 賞としてハイスペックゲーミングパソコンを提供致します。
提供する製品は、ゲームにも 3D モデリングにおすすめな製品として好評を得ている「銀獅推奨スペックパソコン NEXTGEAR-MICRO im550SA6-MD」のグラフィックスをランクアップした特別モデルを提供します。
通常搭載しているグラフィックス「NVIDIA® GeForce® GTX760」を、更に上位のグラフィックス「NVIDIA® GeForce® GTX780」とした、ハイスペックな仕様です。

G-Tune 賞は、「3Dモデリングコンテスト」内に設けられた二つの部門のうち、「ローポリ部門」での選定となります。

今後も G-Tune では、お客様の「できる・やりたい」を実現する環境を構築していきます。

「3Dモデリングコンテスト」概要


■募集期間:2014年 9月 16日(火) - 11月 24日(月・祝)

■入賞作品発表:2014年 12月 5日(金)

■特設サイト:
http://3d.nicovideo.jp/contests/model1

■応募方法:以下の部門から選択して応募

1)テーマ部門: 「和」をテーマとして、出力形式や頂点数の制限なく自由に応募しクオリティを競い合います。
2)ローポリ部門: 頂点数 4000 以下の、ローポリゴン(低解像度)の中でいかにハイクォリティな作品を制作できるかを競い合います。

■応募条件:niconico アカウント保有者
※閲覧には Unity Web Player をインストールする必要があります。

■入賞賞品:
・株式会社マウスコンピューター NEXTGEAR-MICRO im550SA6-MD GTX780版

※その他の詳細に関しては特設サイトをご覧ください。

銀獅推奨スペックパソコンとは

多数の MMD(ミクミクダンス)向けモデルデータを制作されている 3D モデラー「銀獅」氏が、実際に 3D モデリングを制作する際に使用して頂いている G-Tune 製品と同一仕様のパソコンとなります。

  • 銀獅

    3D モデラー紹介
    名前:銀獅
    透明感や、キラキラとした光沢感のある表現が特徴的なモデリングが人気の 3D モデラー。
    人物像だけでなく、動物やモンスターなどの様々な種類のモデリングを幅広く手掛ける。
    銀獅モデル配布 URL:http://www49.atwiki.jp/ginjishi_catalog/

G-Tune 賞として提供する製品は、この銀獅推奨スペックパソコンが通常搭載しているグラフィックス「NVIDIA® GeForce® GTX760」を、更に上位のグラフィックス「NVIDIA® GeForce® GTX780」とした、ハイスペックな仕様です。

  • ※ 記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
  • ※ 記載されている情報は発表時点のものです。
  • ※ 画像はイメージです。