フルHDの16倍の膨大な8K VR 映像の視聴に快適動作を実現する

8K VR
全天球動画
視聴向けパソコン

8K VRとは

8K VRとは、一般的な家庭用テレビなどのフルHD映像の16倍、4K映像の4倍という大量な情報量を有する高解像度な VR映像です。
細部に渡り繊細/鮮明に映像を表示する事が可能となります。
高解像度な 8Kの平面映像を、球体状に加工し球体状にすると、360度トータルで 4Kの解像度になっている VR映像が完成、
4K平面映像から作られたものより画質の高い VR映像を視聴することができます。

8K VRとは

8K VRを楽しむために

  1. 球体状へ加工される 4K 映像

    球体状へ加工される 4K 映像

    VR 用の映像は、通常目にする四角い平面の映像を、球体状に加工します。4K の映像を球体状にすると、360度トータルで 4K の解像度になっている映像が完成します。

  2. 解像度低下の問題

    解像度低下の問題

    全体で 4K の映像を視野角 110度の HMD で視聴すると、目に見える解像度は、HD 画質程度になり、主流の HMD の解像度を満たさず、荒さが目立つ映像になってしまいます。 Oculus Rift & HTC VIVE
    視野角:110度
    解像度:2160×1200

  3. 8K 解像度の必要性

    8K 解像度の必要性

    より綺麗な画質で視聴するためには、4K を超えた 8K の映像を元に、球体状の映像を作成する必要があります。

  4. 8K 解像度なら最終的な解像度は高くなる

    8K 解像度なら最終的な解像度は高くなる

    全体で 8K の映像であれば、視野角 110度の HMD で視聴しても、目に見える画質は、WQHD 程度になり、HMD の解像度を超えた映像になるため、綺麗な映像で視聴できます。

  5. 転送速度不足によるコマ落ちの発生

    転送速度不足によるコマ落ちの発生

    しかし、8K 映像の視聴には PC 負荷が大きく、多くの PC で採用されるメモリーの「デュアルチャネル」のデータ転送速度では処理が追いつかず、コマ落ちが発生してしまう場合があります。

  6. データ転送速度の重要性

    データ転送速度の重要性

    これを解決するためには、ストレージとメモリのデータ転送速度が重要です。アルファコード社の提供する高精細 8K VR動画ソリューション「VRider」の場合は、高速なデータ転送を可能とする SSD の搭載と、デュアルチャネルによるメモリデータ転送がオススメです。

  7. クアッドチャネルメモリーがオススメ

    クアッドチャネルメモリーがオススメ

    それ以外のソフトウェアでの 8K VR 映像の再生の場合は、デュアルチャネルのメモリであってもボトルネックとなる場合もあるため、より高速なデータ転送を実現するクアッドチャネルによるメモリデータ転送がオススメです。

VRider
推奨取得パソコン

 株式会社アルファコードが発信する 8K VR動画ソリューションパッケージ「VRider」の推奨を取得!
8K VR映像を快適に視聴できるパソコンです。
  • GeForce® GTX 1660

VRider推奨スペック!NVMe対応超高速SSDで遅延なく8K VR映像を視聴!

モデル名:DAIV-DGZ530S2-M2SH2-VR8K

WEB販売価格184,800 (税別)

カスタマイズ・お見積

基本構成

仕様詳細を見る
OS
Windows 10 Home 64ビット
CPU
インテル® Core™ i7-9700
グラフィックス
GeForce® GTX 1660
メモリ
32GB PC4-19200
M.2 SSD
256GB NVMe対応
ハードディスク
3TB
電源
500W 【80PLUS® BRONZE】
  • GeForce RTX™ 2060

最新グラフィックスが遅延のない高画質映像出力を可能にする

モデル名:DAIV-DGX761E1-SH2

WEB販売価格249,800 (税別)

完売

基本構成

仕様詳細を見る
OS
Windows 10 Home 64ビット
CPU
インテル® Core™ i7-9800X
CPU FAN
水冷CPUクーラー
グラフィックス
GeForce RTX™ 2060
メモリ
16GB PC4-19200
SSD
240GB
ハードディスク
3TB
電源
800W 【80PLUS® TITANIUM】

関連リンク

ページトップへ