マウスコンピューター、格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2019」へ出展|BTOパソコン・PC通販ショップのマウス【公式】
トップページ 閉じる

製品情報

サポート・ガイド

店舗情報・アカウントサービス

ご注文

マウスコンピューター、格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2019」へ出展
〜発売前の最新タイトル「DOA6」を4K画質で試遊可能!〜

2019.02.06

  • EVO Japan 2019

株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都中央区、以下マウスコンピューター)は、2月15日(金)〜17日(日)に福岡で開催される格闘ゲームの祭典「Evolution Championship Series: Japan 2019」(以下、「EVO Japan 2019」)に出展いたします。出展日は、2月15日(金)〜16日(土)の 2日間となります。
「EVO Japan 2019」は、世界中の格闘ゲームプレイヤーが集まる国内最大規模の対戦格闘ゲームイベントで、全 6タイトルのトーナメントを行い、メインタイトルの賞金総額は 1000万円となります。メインタイトル以外でも、サイドイベントとして有志たちが集い、20タイトルを超えるサイドトーナメントが開催されます。

2月15日(金)には、「EVO Japan 2019」のメインステージにて、高性能なゲームパソコンならではの格闘ゲームの楽しみ方をご紹介します。ゲームタイトルは、株式会社コーエーテクモゲームス(代表取締役社長:鯉沼久史、本社:神奈川県横浜市、以下コーエーテクモゲームス)が 3月1日(金)に発売する 3D 格闘ゲーム「DEAD OR ALIVE 6」(以下、DOA6)を用いて、DOA6プロデューサーの新堀洋平氏と、格闘ゲーマーでもあるグラビアアイドルの倉持由香氏による、4K の高解像度だからこそ実現できる映像表現と、格闘ゲームで重要な FPS(フレームパーセコンド)を確保しながら、高解像度描写をするために必要なパソコンのご紹介を行います。
また、実際のゲームプレイに基づいた映像表現をお伝えするために、ムービーを用いるのではなく、熟練プレイヤーをゲストに招いての実演によってステージを進行いたします。

2月16日(土)には、サイドトーナメントブースへの出展を行います。ステージで紹介した映像表現を体感いただくために、同一スペックの製品3台を対戦用としてご用意し、DOA6 を 4K 画質で体験可能な試遊対戦環境を設けます。ゲーム発売前に、4K画質による DOA6 のオフライン対戦会を行うことは初となり、4K 画質の詳細な映像表現を、いち早く体験いただくことができます。
また、対戦会の模様は、プロゲーミング集団「Team:GODSGARDEN」の神園選手による解説を交え、WEBでの生放送を実施し、会場に参加できない格闘ゲームファンの方々にも、DOA6 の楽しさ、会場の熱気をお伝えします。

  • 記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
  • 記載されている情報は発表時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了となることがあります。
  • 画像はイメージです。

ページの先頭へ