AMD Ryzenプロセッサー搭載パソコン(PC)のご紹介

AMD Ryzen™(エーエムディー ライゼン)とは

AMDはAdvanced Micro Devices(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)という半導体製造会社です。
2019年で50周年を迎えました。
CPU・GPU、二つを統合したAPUなどの製造を主に行っています。

AMD Ryzen(ライゼン)シリーズとは、2017年より販売開始されている
「Zen」アーキテクチャーを採用したAMD64マイクロプロセッサシリーズの名称です。

インテルCore iシリーズの対抗製品となっており、
おもに、自作PCや、ゲーミング用途・映像編集用途のパソコン(PC)に多く搭載されてきました。

マルチタスク処理に適したCPU「AMD Ryzen™ プロセッサー」

コア数/スレッド数が多く、高画質な動画視聴や 写真編集、複数のソフトウェアを同時に起動する作業、ゲームをプレイしながら配信するなど、マルチタスクに強いのが特長です。
ゲーマーやクリエーター、そしてエンスージアスト級のパフォーマンスを求める総合的なPCユーザーにオススメです。

AMD Ryzen 5000 シリーズは「Zen 3」アーキテクチャーによりパフォーマンスが向上。最先端のアーキテクチャーと業界をリードする7nmプロセスを組み合わせて設計されたAMD Ryzen™ 5000 シリーズの電力効率は前世代よりも24%高くなっています。

imgs

7nm「Zen 3」アーキテクチャー

AMD Ryzen™ 5000 シリーズ デスクトップ・プロセッサーに搭載されて初登場した「Zen3」は、伝説的な「Zen」ファミリーをゼロから再設計したアーキテクチャーです。 エンドツーエンドの設計で強化された「Zen3」には、シングルコアのパフォーマンス、エネルギー効率、レイテンシーの短縮を目指すAMDの永続的な取り組みが活かされています。

「Zen3」アーキテクチャーにより、周波数(MHz)あたり、前世代よりも平均19%優れたパフォーマンスが実現。

「Zen 2」の2倍のL3キャッシュに直接アクセスできるようになったため、特にPCゲームのようなレイテンシーに敏感なタスクには、この変更による大きなメリットがもたらされます。

PCゲームにとって、より高いIPCと統合された8コア・コンプレックスの組み合わせは非常に強力な味方です。 AMD Ryzen™ 3000 シリーズから5000 シリーズにアップグレードすると、1080pで平均26%優れたゲーム・パフォーマンスが期待できます。

imgs

AMD Ryzen™ 5000シリーズ 搭載ノートPC おすすめモデル

AMD Ryzen™ 5000シリーズ 搭載デスクトップPC おすすめモデル

AMD Ryzen™ 5000 シリーズ プロセッサー性能比較

名称 AMD Ryzen™ 5
5600X
プロセッサー
AMD Ryzen™ 7
5800X
プロセッサー
AMD Ryzen™ 9
5900X
プロセッサー
AMD Ryzen™ 9
5950X
プロセッサー
AMD Ryzen™ 5
5500U
プロセッサー
AMD Ryzen™ 5
5600G
プロセッサー
AMD Ryzen™ 7
5800H
プロセッサー
AMD Ryzen™ 7
5700G
プロセッサー
コア数 6 8 12 16 6 6 8 8
スレッド数 12 16 24 32 12 12 16 16
標準クロック 3.70 GHz 3.80 GHz 3.70 GHz 3.40 GHz 2.10 GHz 3.90 GHz 3.20 GHz 3.80 GHz
最大クロック 4.60 GHz 4.70 GHz 4.80 GHz 4.90 GHz 4.00 GHz 4.40 GHz 4.40 GHz 4.60 GHz
キャッシュ 32MB L3キャッシュ 32MB L3キャッシュ 64MB L3キャッシュ 64MB L3キャッシュ 8MB L3キャッシュ 16MB L3キャッシュ 16MB L3キャッシュ 16MB L3キャッシュ
内蔵グラフィックス - AMD Radeon™ Graphics Radeon™ Graphics AMD Radeon™ Graphics Radeon™ Graphics