インテル第12世代プロセッサー搭載モデルのご紹介 特長紹介・おすすめモデル

Windows 11に最適化された、インテル 第12世代 プロセッサー(開発コード:Alder Lake)

高性能コア×省電力コアの組み合わせにより、強化された性能

第11世代インテルCoreではCPUコアは1つの種類だけでしたが、第12世代インテル® Core™ プロセッサーは「処理能力重視コア:Performance-core(P-core)」「電力効率重視コア:Efficient-core(E-core)」という性能の違う2つのコアを組み合わせています。 従来とは全く異なる構造を持ち、新開発のワークロード・スケジューラーであるインテル® スレッド・ディレクターを備えたインテル社初の高性能ハイブリッド・アーキテクチャーです。 ビジネス用途での快適なマルチタスク作業、ゲームをプレイしながらの実況配信等におすすめです。

imgs

タスクの負荷に合わせて最適な各コアへ割り当て

処理やシングルスレッドの性能を高めるPerformance-core(P-core)と消費電力と処理効率を最適化するEfficient-core(E-core)を組み合わせた構造となっています。 処理性能やシングルスレッド性能を高めたPerformance-core(P-core)は、動作周波数が同等の第11世代 インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー・アーキテクチャー「Cypress Cove コア」と比較して約19%性能が向上しています。また、消費電力当たりの処理効率を最適化したEfficient-core(E-core)は、第6世代インテル® Core™ プロセッサーと比較して、同等の消費電力で40%高いシングルスレッド・パフォーマンスを実現、もしくは消費電力を40%抑えながら、同等のパフォーマンスを引き出すことができます。 2種類のコアの組み合わせにより、第11世代インテル® Core™ プロセッサーと比較し、80%性能が向上しています。

imgs

第12世代プロセッサーの性能を引き出す Windows 11 OS

第12世代インテルCoreプロセッサーは、Windows 11 OSと組み合わせることでインテル®スレッド・ディレクターが最適化、高性能×省電力の特長を最大限に引き出すことができます。 インテル® スレッド・ディレクターはEfficient-coreとPerformance-coreを連携させ、パソコンを起動させた直後から、タスクを割り当てます。実環境でのパフォーマンスと効率を最大化し、システムの最適化をするスケジューリングに対して、独自のアプローチを行うことが可能なため、コアに直接知能を組み込み、OSとスムーズに連動し、適切なスレッドを、適切なコアへ、最適なタイミングで配置いたします。

Windows 11 について 詳細はこちら
imgs

第12世代インテルプロセッサー ベンチマーク

ベンチマーク

※1 MAXON CINEBENCH R23の測定結果に基づく。ベンチマークはMAXONによって実行、サポート、検証、または認定されたものではありません。
計測条件
本製品:第12世代 インテル® Core™ プロセッサー
従来製品:第11世代 インテル® Core™ プロセッサー

ベンチマーク

<測定環境>
「PCMark 10」を測定
本製品 : Windows 11 / インテル® Core™ i9-12900K プロセッサー / メモリ 32GB(16GB*2) / NVMe SSD 1TB / HDD 4TB / GeForce RTX™ 3090 / 電源 1200W
従来製品 : Windows 11 / インテル® Core™ i9-11900K プロセッサー / メモリ 32GB(16GB*2) / NVMe SSD 1TB / HDD 4TB / GeForce RTX™ 3090 / 電源 1200W
※スコアは自社測定による参考値です。使用するデバイスや環境、その他の要因によって測定結果は変動します。
※PCMark 10 Digital Content Creation Score測定結果に基づく。PCMark® is a registered trademark of Futuremark Corporation.

インテル第12世代プロセッサー搭載デスクトップPC おすすめモデル

CPU名末尾のアルファベットの意味って?

CPU末尾のアルファベットによって、以下のような意味があります。

デスクトップPC向けCPU
・アルファベットなし…通常版のCPU
・末尾に「K」…デスクトップPC向け
・末尾に「X」…エンスージアスト向け
・末尾に「F」…内蔵GPUなし(グラフィックスの搭載が必要)
ノートPC向けCPU
・末尾に「G4」…日常作業に最適
・末尾に「G7」…高性能グラフィックス内蔵
・末尾に「H」…外部グラフィックス搭載に最適