Windows 10 は、2025年10月14日にサポート終了します。早めにWindows 11へ買い換え準備を

2025年10月14日以降、Windows 10 を使い続けるのはリスク!

Windows 10は2025年10月14日にサポート終了を迎えます。
2025年10月14日以降は、セキュリティ更新プログラムや有償サポートを含むMicrosoft社からのすべてのサポートが受けられなくなってしまうので、現在Windows 10をご使用の方はWindows 11へのアップグレードまたはパソコンの買い替えをご検討ください。

なおWindows 10のバージョンは複数あり、2025年10月14日でサポート終了を迎えるのは最新バージョンの「22H2」です。それ以前のバージョンはすでにサポート終了しているため、Windows 10 OSで「22H2」以前のバージョンをご使用の方はまず最新の「22H2」へアップデートを行うことで、2025年10月14日までサポート期間を延長しましょう。

※有償の拡張セキュリティ更新プログラムを除く。

サポート期間について

※2023年1月現在

まずはお手持ちのパソコンがWindows 11にアップグレード可能か確認を

お手持ちのWindows 10パソコンがWindows 11 の最小システム要件を満たしている場合、Windows 11 へアップグレードすることが可能です。

Windows 11 インストール可能な
最小システム要件

プロセッサー

1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)

メモリ

4GB

ストレージ

64 GB 以上の記憶装置

システム ファームウェア

UEFI、セキュア ブート対応

TPM

トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0

グラフィックス

DirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応

ディスプレイ

対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ

マウスコンピューターのパソコンをご使用の方は、お手持ちのパソコンがWindows 11 にアップグレード可能か以下ページよりご確認いただけます。

Microsoft社の「PC正常性チェックアプリ」でも、Windows 11 にアップグレードできるかの確認が可能です。

Windows 11アップグレード未対応なパソコンをご使用の場合、お早めの買い替えをおすすめします

お手持ちのWindows 10パソコンがWindows 11 の最小システム要件を満たしていない場合、サポート終了を迎える2025年10月14日までにパソコンの買い替えをご検討ください
なおサポート終了直前には駆け込み需要により大幅な納期遅延が発生する可能性があるため、早めに買い替えをご検討いただくことをおすすめします。

2025年10月14日以降もWindows 10を継続使用する場合、悪意のあるプログラムによって個人情報流出や機密漏えい、ソフトウェア/アプリケーションが使用不能になるなど、重大事故に繋がるセキュリティ上のリスクが生じる可能性があり大変危険です。

ウイルス/マルウェアへの
感染のリスク

イメージ画像

情報漏洩のリスク
 

イメージ画像

周辺機器/ソフトウェアが
非対応になることのリスク

イメージ画像

おすすめのWindows 11 OS
搭載パソコン

法人のお客様には、
法人営業窓口専門スタッフが
サポート

イメージ画像

法人のPCご購入に関してのご相談はお気軽にお電話・お問い合わせフォームへご相談ください。
専門知識を持った法人専門スタッフが導入についてのご相談、疑問解消、お客様の業務環境に最適なPCのご提案をさせていただきます。

受付時間:
平日 9時~12時 / 13時~18時
土日祝 9時~20時

※土日祝は個人窓口へ転送されます。
※公費払いのご相談等、一部のお問い合わせは
週明けの対応になります。