パソコンの価格相場はいくら?低価格で高スペックなパソコン5選

 パソコンの購入を検討するにあたって、まず気になるのは価格でしょう。近年では、いいスペックのパソコンになると、200,000円前後やそれ以上になるモデルも少なくありません。欲しいと思っても手が出せないと悩む方も多いでしょう。とはいえ、中には低価格でも高スペックなパソコンも数多くあります。

 そこでこの記事では、ノートパソコンの価格相場や安くて高スペックなパソコン5選を紹介します。デスクトップパソコンの価格相場も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

※ 製品の情報や価格は2023年11月21日時点の情報となります。

パソコンイメージ画像

ノートパソコンの価格相場はいくら?

 一般的には、ノートパソコンの価格は50,000~150,000円が相場とされています。 価格幅にかなりの開きがありますが、一口にノートパソコンといっても、スペックはさまざまです。最新のCPUを積んでいるモデル、クリエイター向けにグラフィックスを搭載したモデルなど、機能性や特色によって価格は大きく異なります。

 安易に価格の安さだけでパソコンを選んではいけません。自分の用途とノートパソコンのスペックを照らし合わせつつ、自分に合ったパソコン選びが大切です。

デスクトップパソコンの価格相場はいくら?

 デスクトップパソコンの価格相場としては、50,000~150,000円程度が一般的な価格相場となります。搭載しているCPUやグラフィックス、メモリ、ストレージなど、各項目のスペックによって異なるため、一概には言えません。

 なお、ノートパソコンと同じく、50,000円を下回る低価格帯のモデルも一定数存在します。「どこまでのスペックを求めるか」「予算はどの程度か」といったポイントを踏まえつつ、デスクトップパソコンを選びましょう。

価格が安いノートパソコンは50,000円以内が目安

 とにかく価格が安いノートパソコンを探している場合には、50,000円以内を予算に探すのがおすすめです。

 たとえば、簡単な論文執筆やシート作成、スライド資料作成などにパソコンを使う大学生であれば、必要となるノートパソコンのスペックはそこまで高くありません。

 50,000円程度のノートパソコンでも、十分に意図した用途への対応は可能です。何らかの理由で予算に限りがあり、価格重視でパソコンを探しているなら、50,000円以内を目安として、探してみるといいでしょう。

価格重視でも中古パソコンはおすすめしない

 安さ重視の場合でも、中古パソコンは避けましょう。中古パソコンの価格は安いですが、不具合や故障リスクも高まります。

 たとえば、20,000~30,000円程度で中古のパソコンを購入したとしても、中身のバッテリーが摩耗していて満足に使えず、結果として新品に買い替えることになった…。というケースもあるでしょう。こうした事態に陥れば、余計にお金を支払うことになってしまいます。

 上記のような事態を避けるためにも、低価格重視でも極力中古のパソコンは避け、新品のモデルを検討してみてください。

低価格ノートパソコンの選び方

続いては、低価格ノートパソコンの選び方を下記6つの項目から紹介していきます。

 ・CPUを確認する

 ・メモリの容量を確認する

 ・画面サイズは利用シーンにあわせて選ぶ

 ・持ち運びしやすさで選ぶ

 ・駆動時間で選ぶ

 ・Microsoft Officeの有無で選ぶ

どの要素に重きを置くかは人それぞれです。自分にとって大切な要素が何かを考えながら、参考にしてみてください。

CPUを確認する

 CPUとは、パソコンの頭脳を司る部分です。CPUの性能次第で、パソコンの処理性能は大幅に変わります。

 CPUの2大ブランドにはインテルとAMDの2社が挙げられます。最低でもインテル「Core i3」またはAMD「Ryzen 3」のCPUを搭載しているモデルを選んでおけば問題なく動作するでしょう。

メモリの容量を確認する

 メモリ容量はノートパソコンの処理において重要なファクターです。メモリ容量が大きければ大きいほど、複数の同時並行した操作にも対応できます。

 社会人、学生を問わず、複数のアプリを立ち上げて作業を並行して行う場合には、できれば8GB以上のメモリを搭載したノートパソコンを購入するのが無難といえます。

画面サイズは利用シーンにあわせて選ぶ

 ノートパソコンにおいて、画面のサイズは見やすさを左右する要素の一つです。ただ大きければよいというものではなく、自身の利用シーンを想定して適した画面サイズのノートパソコンを選ぶのがおすすめです。

 たとえば、外に持ち運んで作業をする機会が多いにも関わらず、15インチ以上のノートパソコンを選ぶと、少し嵩張ってしまう可能性があります。反対に、家での作業が主となるにもかかわらず、10インチ程度の液晶サイズの小さいモデルを選ぶと、画面が見づらくなってしまうでしょう。

 このように、画面のサイズは大きければ良い、小さければ良いというものではなく、利用シーンに応じて適したモデルを選ぶことが重要です。

持ち運びしやすさで選ぶ

 学生や社会人など、外で作業する機会の多い方は持ち運びのしやすさでノートパソコンを選ぶのも一つの考え方です。ノートパソコン本体の大きさももちろん重要ですが、重さも無視できない要素です。

 リュックやビジネスバッグなどに入れて持ち運ぶシーンが多いのであれば、購入するノートパソコンはおおよそ1.5kg以内に収まる軽量モデルがおすすめといえます。

駆動時間で選ぶ

 カフェなどの外出先で作業する場合、電源が利用できる環境にないこともあるでしょう。

 そのため、バッテリーの駆動時間もある程度重視すべき要素といえます。8時間~10時間程度は、充電なしで駆動できるモデルを目安に選ぶのがおすすめです。

Microsoft Officeの有無で選ぶ

 学業から仕事まで、幅広い領域で活用できるMicrosoft Officeの有無は、購入前に必ず確認しましょう。WordやExcel、PowerPointなどをまとめて使えるMicrosoft Officeがなければ、学業でも仕事でも、パソコンを使った作業効率が下がってしまう可能性があります。

 そのため、Microsoft Officeを初期搭載している製品やBTOカスタマイズでMicrosoft Officeの追加も検討してみてください。

低価格ノートパソコンのおすすめ5選

それでは、低価格帯のノートパソコンおすすめモデル5選を紹介していきます。低価格で機能面でも妥協したくない方は、ぜひ自分のニーズに合うモデルがあるかチェックしてみてはいかがでしょうか。

1.mouse B4-I1U01GY-A

https://www.mouse-jp.co.jp/img/item/mouse/mouse_c4/2211C4-celGLKCS/gallery00_mouse-c4_square_l.jpg

OS

Windows 11 Home (Sモード) 64ビット

CPU

インテル® Celeron® プロセッサー N4120

グラフィックス

インテル® UHD グラフィックス 600

メモリ

4GB

サイズ

14型

通常価格(税込)

49,800円

mouse B4-I1U01GY-Aは、180度開閉可能な液晶画面を搭載しているノートパソコンです。
外出時や屋外での作業時をはじめ、さまざまなシチュエーションでも自分の見やすい位置で液晶を調節できます。外出の多い社会人におすすめの低価格帯ノートパソコンといえるでしょう。

2.mouse A4-A3A01SR-A

https://www.mouse-jp.co.jp/img/item/mouse/mouse_a4/gallery01_mouse_a4.jpg

OS

Windows 11 Home (Sモード) 64ビット

CPU

AMD Ryzen™ 3 3250U プロセッサー

グラフィックス

AMD Radeon™ Vega 3 グラフィックス

メモリ

8GB (8GB×2 / デュアルチャネル)

サイズ

14型

通常価格(税込)

59,800円

mouse A4-A3A01SR-AはAMD Ryzen™ 3 3250U プロセッサーをCPUに搭載しているモデルです。
処理性能も申し分なく、オフィスワークから学業まで、幅広い作業用途に対応可能です。また、HDMI端子が搭載されているため、モニター(ディスプレイ)への接続なども簡単な点が魅力といえるでしょう。

3.mouse B5-I5I01SR-A

https://www.mouse-jp.co.jp/img/item/mouse/mouse_B5_i/gallery00_mouse-b5_i_square_l.jpg

OS

Windows 11 Home 64ビット

CPU

インテル® Core™ i5-1155G7 プロセッサー

グラフィックス

インテル® Iris® Xe グラフィックス

メモリ

16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)

サイズ

15.6型

通常価格(税込)

99,800円

mouse B5-I5I01SR-Aは、15.6型フルHD液晶を搭載したノートパソコンです。
仕事や学業での使用はもちろん、見やすい液晶サイズで動画や映画、アニメのストリーミング再生なども快適に行えます。プライベート使いも想定するのであれば、相性の良いモデルとなっています。

4.mouse F7-I3U01BK-A

https://www.mouse-jp.co.jp/img/item/mouse/mouse_f7/F7I5I01BKAAAW101DEC/gallery01_mouse_f7_2304.jpg

OS

Windows 11 Home 64ビット

CPU

インテル® Core™ i3-1115G4 プロセッサー

グラフィックス

インテル® UHD グラフィックス

メモリ

8GB

サイズ

17.3型

通常価格(税込)

79,800円

17.3型のフルHD液晶を搭載しているmouse F7-I3U01BK-Aは、テレワークなどの用途にぴったりのノートパソコンです。
最大4画面出力にも対応しているため、柔軟な用途への対応が可能な点も魅力となっています。

5.MousePro C4-I3U01BK-A

https://www.mouse-jp.co.jp/img/item/mousepro/mousepro_nb2/gallery00_mousepro_nb211_square_l.jpg

OS

Windows 11 Pro 64ビット ( PKIDラベル貼付対応 )

CPU

インテル® Core™ i3-1115G4 プロセッサー

グラフィックス

インテル® UHD グラフィックス

メモリ

8GB

サイズ

14型

通常価格(税込)

94,600円

MousePro C4-I3U01BK-Aは、タイピングしやすさを重視した新設計キーボードを採用した14.0型エントリーモバイルノートPCです。
重量も約1.35kgと従来モデルから軽量化に成功しており、持ち運びにも困りません。外出先での使用や、長時間の使用機会が多い方には相性の良いノートパソコンといえます。

ノートパソコンの価格が気になるならセールの活用がおすすめ

 価格面を重視してノートパソコンを購入するのであれば、セールを活用して購入するのがおすすめです。通常価格より割り引いた金額で購入できるため、お得に購入することができます。

 なお、マウスコンピューターではノートパソコンを含め、セールを定期的に開催しています。かなりお得に最新モデルのノートパソコンを購入できるチャンスもありますので、気になる方はチェックしてみてください。

マウスコンピューターのセール・キャンペーン一覧はこちら

まとめ:パソコンは価格とスペックを見ながら選ぼう

 パソコンは一度購入したら最低数年は同じモデルを使用することになるため、購入時は慎重に検討するのが重要です。

 価格と予算、求めるスペックや想定される用途を考えつつ、最適なモデルを選択するよう心掛けましょう。低価格帯のノートパソコン購入を検討する際は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。