【3DCG/CAD、建築】 Quadro/RTX搭載ワークステーション

建築/CAD、3DCGとは

CAD(Computer aided design)とは、PC上で設計をできるソフトウェア全般を指す言葉です。
その中でも建築/CADは、建築設計において使用される図面の作成に特化したソフトウェアを指します。

また、CAD以外にも、3DCGソフトウェアを使用して建築物をVR上で再現したり、リアリティーを高めるためにテスクチャを配置したり、実物のような質感を演出し、実際に建築した場合どのようになるかを再現・確認することもできます。

建築/CAD、3DCG制作に適したQuadro / RTX 搭載ワークステーション

汎用CAD、3D表示からBIMや環境シミュレーションなど、目的に応じてCPUやグラフィックスを組み合わせることで快適な作業を可能にします。
また、ストレージでは高速な読み書きを可能なSSDを搭載することで基本的なパフォーマンスをさらに向上させることができます。

  図面からの立体表示 素材や光源の再現 BIMやシミュレーション
イメージ画像 イメージ画像 イメージ画像
CPU インテル® Core™ i5シリーズ インテル® Core™ i7シリーズ
インテル® Core™ i9シリーズ
インテル® Xeon®シリーズ
グラフィックス T600
Quadro® P2200
Quadro® RTX 4000
Quadro® RTX 5000
RTX A5000
RTX A6000
Quadro® TITAN RTX
メモリ容量 8~16GB以上 32GB以上 64GB以上
ストレージ SSD / M.2 SSD SSD / M.2 SSD SSD / M.2 SSD

建築/CAD、3DCG制作に適した
Quadro / RTX グラフィックス性能表

製品名 T600 T1000 Quadro RTX 4000 Quadro RTX 5000 RTX A4000 RTX A5000 RTX A6000
CUDAコア
プロセッサ
640 896 2304 3072 6144 8192 10752
メモリ容量 4GB
GDDR6
4GB
GDDR6 SDRAM
8GB
GDDR6
16GB
GDDR6
16GB
GDDR6
24GB
GDDR6
48GB
GDDR6
メモリ帯域 最大160GB/sec 最大160GB/sec 416 GB/s 448 GB/s 448 GB/s 768 GB/s 786 GB/s
ディスプレイ出力 Mini DisplayPort×4 Mini DisplayPort×4 DisplayPort×3
VirtualLink×1
(USB Type-C)
DisplayPort×4
VirtualLink×1
(USB Type-C)
DisplayPort×4 DisplayPort×4 DisplayPort×4
最大消費電力 40W 50W グラフィックスパワー: 最大125W
ボードパワー: 最大160W
グラフィックスパワー: 最大230W
ボードパワー: 最大265W
140W 230W 300W
最大画面数 4画面 4画面 4画面 4画面 4画面 4画面 4画面

おすすめのハイエンドグラフィックス搭載 Quadro / RTX 搭載ワークステーション

表示方法