場所を選ばず使えるスタンダードノートパソコンをリニューアル
CPU 性能アップに加え、バッテリー駆動時間も向上
Windows 11標準搭載の「mouse B5-i7-H」を発売

2021.10.28

  • 「mouse B5-i7-H」
  • 「mouse B5-i7-H」

「mouse B5-i7-H」
※画像はイメージです。

 株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都千代田区、以下マウスコンピューター)は、薄型で場所を選ばず使えるスタンダードノートパソコン「mouse B5-i7」(2020年モデル)に、最新のWindows OS「Windows 11」と第11世代インテル® Core™ プロセッサーを搭載し、動作時間も向上させるなど、リニューアルしたモデル「mouse B5-i7-H」を発売します。

 「mouse B5-i7-H」は、第11世代「インテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー」を採用しており、従来製品※1に比べ、シングルコア性能で約23%※2、マルチコア性能で約15%※2の向上に加え、「インテル® Iris® Xe グラフィックス」により、グラフィックス性能で約78%※3の向上を実現しました。また、SSD専用モデルとすることで、本体厚約19.8mmを変えずにバッテリーの大型化を実現し、約9時間のバッテリー駆動(従来製品※1は約7時間)を可能にしました。

 さらに、映像出力対応のUSB Type-C端子により、HDMI端子の出力とともに最大3画面のマルチディスプレイ環境構築も可能な上、1Gbpsの有線LAN とともに高速無線LAN Wi-Fi 6にも対応し、利用環境に合わせて快適かつ手軽にネットワークを利用できます。オフィスワークはもちろん、ブラウジングや動画視聴のようなエンターテインメント利用まで、快適に使用できます。さらに、BTOカスタマイズでは、円滑な作業を可能にする高速なPCIe Gen4 SSDや、テレワーク対応の柔軟なネットワーク環境を構築できるLTEネットワークモジュールの選択が可能です。

 モデルの一例として、インテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー、16GBメモリ、1TB M.2 SSDを搭載した「mouse B5-i7-H」は13万1780円(税込)より、マウスコンピューターWEBサイト、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、および法人営業窓口で販売を開始します。

※1 mouse B5-i7(2020年モデル): インテル® Core™ i7-1065G7 プロセッサー/インテル® Iris® Plus グラフィックス/RAM 16GB/512GB SSD
※2 MAXON CINEBENCH R23の測定結果に基づく。ベンチマークはMAXONによって実行、サポート、検証、または認定されたものではありません。
※3 3DMarkにおけるFireStrikeの測定結果に基づく。3DMark® is a registered trademark of Futuremark Corporation.

  • Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • 記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
  • 記載されている情報は発表時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了となることがあります。
  • 画像はイメージです。