データの読み出し・書き込みの高速化から
大事なデータの保存まで、
用途に合わせてカスタマイズ可能

ストレージ(M.2 SSD/SSD/HDD)

ストレージ(Storage)とは「貯蔵」「保管」を意味し、パソコン用語ではHDD(ハードディスクドライブ)やSSD等の名称で呼ばれている記憶媒体の総称となります。
これまではストレージといえばHDDが主流でしたが、SSDやM.2 SSDの登場によって、一層高速で安定したPC環境を構築できるようになりました。

マウスコンピューターのパソコンでは、用途に合わせて搭載するストレージのカスタマイズが可能です。このページでは各種ストレージの特長や、おすすめのカスタマイズ例をご紹介しています。

ストレージの種類

M.2 SSD NVMe M.2 SSD NVMe M.2 SSD NVMe

M.2 SSD(NVMe)

グラフィックス等に使用される高速のバス「PCI Express(PCIe)」を通じてデータを転送する規格「NVMe」を採用したSSDです。
NVMeは、メモリチップ上で読み書きを行うSSDの性能を最大限に発揮するために設計された規格です。

もっと詳しく

M.2 SSD SATA M.2 SSD NVMe

M.2 SSD(SATA)

マザーボード上にあるM.2 スロットに接続して使用する SSD です。2.5inch SSDに比べ小型軽量で、ノートPC、小型PCなどによく用いられます。
データ転送規格はシリアルATA(SATA)なので、NVMe規格のものに比べスピードは遅いですが、その分発熱が少ないという利点があります。

もっと詳しく

2.5inch SSD SATA M.2 SSD NVMe

2.5inch SSD(SATA)

一般的な2.5inch HDDと同じ形状のSSDです。
2.5inch HDDが取り付けられるベイ(ストレージなどを設置するための空間)があれば設置可能です。データ転送規格はHDDのために設計されたシリアルATA(SATA)を採用しています。
HDDと比較した場合十分に効果を体感できるほど高速で、M.2 SSDに比べて比較的安価ですが、SSDの本来の転送速度には劣ります。

もっと詳しく

HDD

HDD

高速で回転する円盤(プラッタ)を内蔵し、磁気ヘッドでデータの読み書きを行う記憶媒体です。読み書きの速度はSSDに劣りますが、容量当たりの単価は安く、2TB, 3TBと大容量の製品も存在するため、パソコンのシステムはSSDに、撮り溜めた写真や動画などのデータは大容量HDDに保存するといった利用が可能です。

もっと詳しく

M.2 SSDとは?

M.2 SSDとは、マザーボードにM.2スロットを備えた製品に搭載可能な最新のストレージです。従来のSSDに比べ、更なる小型化、高速化を実現しています。

「M.2/SATA」と「M.2/NVMe」の二つのデータ転送規格があり、後者の方が高速です。

M.2 SSDのメリット

データ転送速度の高速化

M.2 SSDの接続には2種類のインターフェースがあり、SATA接続のM.2 SSDに用いられている「SATA3(6Gb/s)」の場合は最大600MB/s、NVMe接続のM.2 SSDに用いられている「PCI Express接続(32Gb/s)」の場合は最大4,000MB/sを実現しています。

※高速化が著しいSSDの本来の性能を発揮するためには、より高速な転送速度に対応するNVMe接続タイプのM.2 SSDをおすすめします。

※SATA3, PCI Express Gen3 x4接続の場合の理論値です。

さらなる小型化

通常のSSDと異なり、大きさは約22mm×80mm程度で、メモリのようなカード状の形をしています。

マザーボードのM.2スロットに接続するので各種ベイを占有することがなく、他のストレージの増設が可能です。また軽量化にも有利です。

M.2 SSDのデメリット

熱を持ちやすい

M.2 SSDは本体が小さく、高速でデータの読み書きを行うため、動作時の温度が高くなりやすい点に注意が必要です。

温度が高くなると、熱暴走による故障を避けるために処理能力を落としてしまい、本来の性能を発揮できなくなってしまいます。

高性能になるほど価格が高い

M.2 SSDは高性能ですが、その分価格も他の記録装置と比較して高くなっています。

M.2 SSDの中でも、最新のインターフェースを利用したハイエンドモデルはデータ容量あたりの単価が高額になります。

SSDとは?

SSDとはソリッドステートドライブ(Solid State Drive)の略称で、HDDと同様にパソコンの記憶装置です。

フラッシュメモリを用いてデータを記録するSSDは、磁気ディスクからデータを読み出すHDDと比べて、高速性と静音性に優れているため、OSや使用頻度の高いアプリケーションをインストールするメインドライブにお薦めです。

SSDのメリット

データ読込が高速

SSDはメモリーチップ上のデータに直接アクセスし、機械的な駆動時間が不要のため、データ読み出しにかかる時間が大幅に短縮されます。OSやアプリケーションの起動が体感できるほどに早くなります。

静音性に優れている

HDDのように駆動部分がありませんので、モーター回転音や読み取り時のシーク音(カリカリ音)がなく、ほぼ無音に近いのが特長です。

消費電力が少ない

モーターなどの駆動部分がないため、HDDと比べて消費電力が少なく、発熱も低く抑えられます。

耐衝撃性に優れている

HDDと比べて、ヘッドやディスク等の駆動部品が無いため、衝撃や振動による耐性が強く、HDD特有の駆動部分の故障の心配がありません。また、軽量で小型なので、持ち運びの多いモバイル環境に適したストレージです。

SSDのデメリット

価格が比較的高い

SSDはデータの読み書きにSDカードなどと同様の仕組みを使っていますが、大容量のデータの記録は難しい面があります。 そのため、データ量あたりの単価ではHDDと比較すると高めです。

HDDに比べて容量が少ない

HDDよりデータ量あたりの単価が高く、容量自体も多くはありません。SSDはデータ用、HDDは保存用などで使い分けるのがおすすめです。

HDDとは?

ハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)の略称で、パソコンの代表的な記憶装置です。

高速で回転する円盤(プラッタ)を内蔵しており、磁気ヘッドで情報の読み書きを行います。構造はレコードプレーヤーに類似しており、情報の読み書きを行う際の磁気ヘッドとプラッタは約10nmと非常に接近するため衝撃や埃に弱いという側面があります。

HDDの主な特長

大容量データを保存可能

技術開発により内蔵されている円盤(プラッタ)記録密度が向上したことで、記録容量が大きく増加、より少ないプラッタ枚数でより多くのデータを記録することが可能になりました。プラッタ枚数を増やすことで大容量データの記録にも対応します。

コストを抑えたカスタマイズが可能能

HDDは、その構造からSSDやM.2 SSDに比べ、容量当たりの単価が安価になっており、データ容量のアップを目的としたカスタマイズをリーズナブルに行うことが可能です。

RAID 0(ストライピング)とは?

RAID 0とは別名「ストライピング」と呼ばれ、複数のストレージを組み合わせて、データを分散して記録し、同時に複数のデータをアクセスすることで、アクセススピードを向上させる仕組みです。

一方で耐障害性が低いという側面もあり、ストレージが一つでも壊れてしまうと全体へのアクセスが不能になりデータが失われてしまいます。

高速かつ大容量のストレージに

複数のストレージを一つのストレージとして扱い、データの読み書きを分散させることにより、データの読み書きやアプリケーション起動の高速化を実現します。

同一データを複数ストレージに記録するRAID 1「ミラーリング」とは異なり、構成するストレージの合計容量を利用できますので「高速で大容量な単一ストレージ」として使用可能です。

※利用できる容量は、RAIDとして組み合わせるストレージの合計となります。
(1TB×2台の場合、利用できる容量は2TB)

ストレージのカスタマイズ例

① 容量アップ

ストレージの容量をアップするメリットは、保存できるデータ量が増えることにあります。

各種ソフトのインストールや、そのソフトで作り出したクリエイティブな作品、デジタルカメラの高解像度な写真や動画などの大容量のデータの保存が可能となります。

② 速度アップ(HDDからSSDへ変更 )

アクセスタイムが短縮され、全体的なパフォーマンスが向上し、パソコンをより快適にご使用いただけます。

また、消費電力を抑え、衝撃や振動による耐性が強くなるなど、ノートパソコン向けのメリットがあります。

③ デュアルストレージで高速化&容量アップ(SSD + HDD)おすすめ!

SSDのアクセススピードを活かし、OSやアプリケーションをメインドライブにインストールすることでパソコンの高速化を実現。HDDには、容量の大きさを活かして各種データや写真・動画などを大量に保存可能することで、両方のストレージの長所を最大限に活かすことができます。

SSDだけでデュアルストレージを構成するよりも、コストを抑えて大容量ストレージを実現できるのでおすすめです。

④ M.2 SSD + 大容量SSD

M.2 SSDの転送速度、SSDのアクセススピードを最大限に活かした速度重視の構成で、常にスピードを求められるFPS等のゲームなどでその真価を発揮します。

⑤ SSD×2台(RAID 0構成)+ HDD

SSDを2台を使用したRAID 0(ストライピング)構成することで、さらなる高速化が可能となります。

緻密な3Dデータの作成や高解像度の画像処理等はSSDで行い、精製された大容量データはHDDに保存するなど、よりクリエイティブな作業に最適です。

パーツ・サービスのカスタマイズ方法

  • STEP.01

    ご希望の製品の「カスタマイズ・お見積り」ボタンをクリックしてください。

    ご希望の製品の「カスタマイズ・お見積り」ボタンをクリックしてください。

  • STEP.02

    必要なカスタマイズパーツ・サービスを選び、チェックしてください。

    必要なカスタマイズパーツ・サービスを選び、チェックしてください。

  • STEP.03

    お見積りページ最下部の「カスタマイズ内容」と金額が反映されていることが確認できましたら、完了です。

    お見積りページ最下部の「カスタマイズ内容」と金額が反映されていることが確認できましたら、完了です。そのままご購入いただく場合は「カート内容の確認に進む」をクリックしてください。

    お見積りページ最下部の「MENU」ボタンをタップして、「カスタマイズ内容」と「合計」内の金額が反映されていることが確認できましたら、完了です。そのままご購入いただく場合は、「カート内容の確認に進む」ボタンをタップしてください。

おすすめカスタマイズ

  • Windows 10 OS
  • Office 2019
  • マカフィー リブセーフ
  • CPU
  • インテル Core i7 プロセッサー特集
  • インテル Core i5 プロセッサー特集
  • インテル Core i3 プロセッサー特集
  • インテル Celeron プロセッサー特集
  • インテル Pentium プロセッサー特集
  • メモリ
  • ストレージ HDD/SSD/M.2 SSD
  • グラフィックスカード (ビデオカード)
  • ブルーレイディスクドライブ
  • Thunderbolt 3
  • 電源ユニット
  • 水冷クーラー
  • ノートPCクーラー
  • 液晶ペンタブレット
  • ペイントツール
  • ノートPC用ショートタイプACケーブル
  • USB Power Delivery対応 AC充電器
  • プリンター・複合機
  • マウスコンピューター オリジナルマウスパッド
  • UPS無停電電源装置
  • 翌営業日出荷サービス
  • 出張設置サービス
  • パソコン下取りサービス
  • データ復旧安心パック