マウスコンピューター、SDGsへの取り組み 2020年度は重点的に9つの目標達成を目指す|BTOパソコンの通販ショップ マウスコンピューター【公式】
トップページ 閉じる

製品情報

サポート・ガイド

店舗情報・アカウントサービス

ご注文

マウスコンピューター、SDGsへの取り組み
2020年度は重点的に9つの目標達成を目指す

2020.10.01

  • SDGs

 株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都中央区、以下マウスコンピューター)は、「人とパソコンは、もっと近づける」のもと、人々が幸せに豊かに暮らす社会の実現を目指しております。パソコンと共に社会課題の解決に取り組み、SDGsの目標達成に向けて、国際社会の一員として貢献することを周知いたします。
 2020年度においては17の目標の中から9つに絞り込み、SDGsへ貢献してまいります。

「重点的に取り組む目標」
目標 4:教育支援
目標 7:持続可能なエネルギーの確保とエネルギー消費の削減
目標11:安心・安全な暮らしと地域振興
目標12:持続可能な生産消費形態を確保

 パソコンメーカーとしての強みを発揮した「教育・地域支援」「省エネ」及び「3R(リデュース、リユース、リサイクル)推進」にフォーカスし、「重点的に取り組む目標」を設定し、より具体的に目標達成に向けて貢献してまいります。
 なお、今年度の活動報告は公式サイト内SDGsへの取り組みページにて適時お伝えいたします。

  • 記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
  • 記載されている情報は発表時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了となることがあります。
  • 画像はイメージです。

ページの先頭へ