マウスコンピューターの液晶ディスプレイブランド「iiyama」
製品情報
  • 液晶ディスプレイ
  • タッチパネル
  • 業務用サイネージ
  • 純正オプション
  • 旧製品
  • カタログ・各種ソフトウェアダウンロード
  • 導入事例
  • メディア掲載記事
  • iiyamaディスプレイ直営店
  • iiyama MousePro パソコンとのお買い得セット!ご購入はこちら
  • iiyama製品のご購入はこちら

液晶ディスプレイ

  • 全てを見る
  • 17型
  • 19型
  • 20型
  • 22型
  • 23型
  • 24型
  • 25型
  • 27型
  • 28型

LED
ProLite XB3270QS-2

  • 特徴
  • スペック
製品特長
  • WQHD 2560×1440 解像度対応
    31.5型ワイド液晶ディスプレイ
  • IPS方式パネル(ノングレア液晶)を採用
    広視野角(左右各89°上下各89°)
  • 最大表示色 約10.7億色(10bit表示時)
  • セッティング自在の多機能スタンド
    100mmの昇降幅、スウィーベル機能搭載
  • DisplayPort端子×1、HDMI端子×1、DVI-D24ピン端子×1の3系統入力
  • 「Blue Light Reducer」機能搭載
    目の疲れの原因となる青色光源を低減
  • フリッカーフリーLED機能搭載
    疲労の原因となる画面のちらつきを低減
  • 80,000,000:1のハイコントラストを実現するACR(Advanced Contrast Ratio)機能
  • 応答速度4ms(GtoG)、輝度250cd/m2
  • iiyamaカラー マーベルブラック
  • オープン価格

IPS方式パネル
IPS方式パネルは、IPS(In Plane Switching)パネルがもつ、In Planeで液晶分子を回転させる方式と同等の技術を使用した液晶パネルです。これまでの駆動原理に液晶分子を回転させる方式が加わったことにより、視野角による明るさや色の変化が少なく透過率が高いことで、省電力にも優れていることが特徴です。

約10.7億色表示に対応したIPS方式パネル(ノングレア液晶)を採用
最大解像度WQHD(2560×1440)をサポート

広視野角と色再現性に優れた高い視認性

最大解像度2,560x1,440ピクセルのWQHD表示に対応したIPS方式パネル(ノングレア)を採用。左右各89°上下各89° の広視野角と疲れにくい安定した色表示に加え、応答速度4ms(GtoG) 、コントラスト比8,000万:1(ACR時)により、滑らかで鮮明な表現が可能です。
フルHD画面の約1.7倍にあたる領域を表示できるため、表計算など多くの情報を把握・処理する作業や、複数のブラウザやアプリを同時に参照・操作する等の作業において、広い表示領域を活かした効率化が期待できます。

Full HD

10bitカラー(約10.7億色)表示にも対応(HDMI/DisplayPort接続時)しており、諧調豊かな画像表現を生かしたクリエイティブ作業にも適しています。
16:9のIPS方式パネル(ノングレア)と輝度250cd/m2を実現するホワイトLEDバックライトを搭載しています。

※液晶パネルの特性上、同じ画像を長時間表示し続けた場合に画面上に残像が発生する場合があります。
※画像は使用例イメージです。

HDMI、DisplayPort、DVI-Dの映像入力3系統に対応

DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1の3系統の映像入力端子、ヘッドホン端子×1を装備し、さまざまなパソコンや使用環境に対応できます。また、DisplayPort、HDMI、DVI-Dの各ケーブルが同梱されていますので、別途購入いただく必要が無く、パソコンと手軽に接続できます。

3系統入力対応

また、スタンドネックにはケーブルホールを設けており、背面のケーブル類をすっきりとまとめることが可能です。

ケーブルホール

※画像は機能解説用のイメージです。

スマートデザイン 4つの特長

多機能スタンド

多機能スタンド

「最大100mmの高さ調節」と「最大25°のチルト調節」が可能なため、見やすい高さと角度に調節できます。適度な高さ・角度に調節することで、疲労の度合いや作業効率が大きく変わってきます。また、画面の向きを90°(左右各45°)動かせるスウィーベル機能により、会議室のプレゼンテーションやミーティング、受付用端末としても利用できます。

  • ダイレクト切替ボタン
    さまざまな機能の切替ボタンを画面の下部に配置し、すっきりとしたデザインを実現。使いやすいプッシュ式ボタンで、入力選択、エコモード切替、音量調整が簡単に切替可能です。
  • ダイレクト切替ボタン
  • スマートデザイン
    スクエア形状の新デザインのスタンドベース(幅300 × 奥行230 mm)を採用しており、省スペース設置が可能です。また、背面のケーブル類をすっきりとまとめられるスタンドネックに設けたケーブルホールにより、机の上を効率的でスマートに使うことができます。
  • スマートデザイン

  • スピーカー搭載
    3W×2のスピーカーを搭載。ソース機器に対応したケーブルを接続することで、映画や音楽などのサウンドを楽しめます。
  • スピーカー搭載

※画像は機能解説用のイメージです。

疲労や不調の原因となる青色光源を低減!
「Blue Light Reducer」機能搭載
  • ブルーライトカット
  • ■ブルーライトとは?
    目に見える可視光線の中で380〜500nmの波長の光であり、眼の奥の網膜まで到達しうる最も強いエネルギーをもつ強い光のことです。長い時間継続的にブルーライトにさらされると体内時計が狂ったり、眼精疲労やドライアイなどの症状を引き起こすおそれがあると言われております。

ブルーライト1

■ブルーライト低減機能
テレビなどとは違い、近い距離で長時間見続けなければならない液晶ディスプレイは特にブルーライトの影響に気を付ける必要があります。
iiyamaのブルーライト低減機能により、メガネやフィルターを貼ることなく、モニタ自体のブルーライトを低減させることが可能になります。
疲労や不調を起こす可能性のある原因要素をできるだけなくしていきましょう。

ブルーライト2

■3パターンでブルーライト低減調整が可能
使うシーンやお好みにより、3パターンの低減度合いが選べます。文章作成やエクセル編集など事務系作業のときに低減調整設定することで、疲労の軽減や仕事の効率化につながります。

※ブルーライト低減機能により、画面が若干赤色がかってみえるようになります。

ブルーライト3

  オフ パターン1 パターン2 パターン3
ブルーライト低減率  - 13.7% 36.2% 67.3%

※i-style Color、Adv.Contrastを設定している時は選択できません。
 詳細な操作方法については取扱説明書にてご確認ください。
※画像は機能解説用のイメージです。

ちらつきを低減させるフリッカーフリーLEDバックライトを搭載
  • フリッカーフリーLED
  • 液晶ディスプレイを長時間使い続けることによる頭痛、眼精疲労等が指摘されていますが、その中でも液晶ディスプレイの光源であるバックライトのフリッカー(ちらつき)が要因の一つとも言われております。

    現在のバックライトは、LEDの明滅を高速に繰り返すPWM調光方式が一般的で、この高速に繰り返す明滅が画面のちらつきとなって目が疲れやすくなります。

    これに対してフリッカーフリーLEDバックライトを搭載することにより、LEDの光量を調節することで画面のちらつきを抑え、目の負担を軽減することができます。

フリッカーフリーLEDバックライト技術を搭載

※画像は機能解説用のイメージです。

ACR機能で 80,000,000:1のハイコントラストを実現

本製品にはAdvanced Contrast Ratio機能でパネルスペック値【1200:1】のコントラスト比を【80,000,000:1】にまで改善し、メリハリのある映像表示が可能。

※エコモードがオンの時は機能しません

オーバードライブ回路機能搭載

本製品には、応答速度を調整できる5段階のオーバードライブ回路を搭載し、最速4msまで応答速度を改善することができます。動画表示時に残像感が少なく、鮮やかな映像表示でクオリティの高い動画表現が可能です。

オーバードライブ機能について

※画像は機能解説用のイメージです。

「i-Style Color」機能搭載で映像に最適なカラーモードを提供

iiyamaオリジナルの「i-Style Color」機能で、動画やゲームなど、表示するコンテンツに合わせたモードを選ぶことで、最適なカラーモードを提供します。

  • 標準
    標準モード

    標準的な明るさを表示

  • ゲーム
    ゲームモード

    すばやい動きに対応した
    残像を抑えた表示

  • 映画
    映画モード

    映画に適した明るさや
    コントラストを調節した表示

  • 風景
    スポーツ

    静止画や写真などを
    明るくシャープに表示

  • テキスト
    テキストモード

    目に優しい明るさを抑えた表示

※Blue Light Reducer設定時はi-Style Color選択はできません
※画像は機能解説用のイメージです。

多彩な画質調整機能
  • 液晶パネルの表示性能に加え、iiyama独自の画質調整機能を装備しました。3種類の色温度をあらかじめプリセットしておりますので、簡単にご希望の色温度の設定が可能です。

  • カラー調整メニュー
    ウォーム 暖色
    ノーマル 標準
    クール 寒色
    ユーザー
    カラー設定
    赤・緑・青 弱すぎる⇒▶
    強すぎる⇒◀

    ※ i-Style Color、Blue Light Reducer設定時は選択できません。

「X-Res Tech.」搭載で、輪郭を強調し鮮やかな映像表現が可能
  • X-Res Tech.
  • iiyama独自の機能であるX-Res Tech.(画像強調技術)機能により、入力される画像データを解析し、ぼやけている部分にエンハンス効果を持たせることが可能です。
    テキストはよりくっきりとした文字に、映像は特に輪郭部分を強調し、それ以外の部分をソフトになるようにエンハンス効果を加えます。

    少しぼやけた画像や低画質画像の場合に、大幅に解像感をアップさせ、より鮮明できれいな画像表現が可能になります。

    X-Res Technology
    オフ 標準
    ソフト 映像の輪郭を強調
    ミドル ソフトより映像の輪郭をさらに強調
    ハード ミドルより映像の輪郭をさらに強調
ドットバイドット・アスペクト比固定拡大モード搭載
  • アスペクト比固定拡大モード
  • 入力された映像ソースのアスペクト比が異なる場合に画面縦横比を保ったまま拡大表示することが可能です。
    「フルスクリーン」 全画面拡大表示します
    「アスペクト比」 入力信号の画面縦横比を保ったまま拡大表示します
    「ドットバイドット」 1:1の等倍表示をします

※解像度が16:9の時はアスペクト比を選択することはできません。
※画像は機能解説用のイメージです。

ECO

ecoモード

通常モード及びエコモードオン時の年間消費電力量と CO2排出量
また、特定有害物質の使用を規制した「RoHS 10物質閾値以下に対応(除外項目を除く)」「J-MOSSグリーンマーク」にも適合しております。PCリサイクルマーク付です。

■年間消費電力量

  年間消費電力量 削減率
エコモードなし 53.5kWh
エコモード1 52.9kWh 1.1%
エコモード2 50.5kWh 5.6%
エコモード3 48.4kWh 9.5%

※上記消費電力はカラーバー表示時
※算出方法は、省エネ法テレビジョン受信機の基準に基づき算出(下記式)。
年間消費電力量(kWh)={(P0-(PA/4))×1642.5+PS×7117.5}/1000

■年間CO2排出量

  年間CO2排出量 削減率
エコモードなし 29.7kg
エコモード1 29.4kg 1.0%
エコモード2 28.0kg 5.7%
エコモード3 26.9kg 9.4%

※算出方法は、地球温暖化対策の推進に関する法律に基づき算出(下記式)。
年間CO2排出量(kg)=0.555×年間消費電力量(kWh)

製品画像・同梱ケーブル・外形寸法図

■同梱ケーブル
DisplayPortケーブル、HDMIケーブル、DVI-Dケーブルを同梱しておりますので、設置してすぐに接続可能です。

同梱ケーブル

■外形寸法図

外形寸法図

環境に優しいディスプレイ
  • グリーンマーク
    グリーンマーク
  • CE
    CE
  • TUV-Bauart
    TUV-Bauart
  • VCCI
    VCCI
  • PSE
    PSE
  • エコモード
    ecoモード
  • 3年間保証
    3年間保証

▲このページの先頭に戻る