STORY-03_CONTENTS:

story03

Connect the micro:bit
マイクロビットは、
創造性を培う最高のツールになる

CCoConConnConneConnecConnectConnectConnect tConnect thConnect theConnect theConnect the mConnect the miConnect the micConnect the micrConnect the microConnect the micro:Connect the micro:bConnect the micro:bi

mまいまいkまいくまいくrまいくろまいくろbまいくろびまいくろびtまいくろびっtまいくろびっとマイクロビットマイクロビットhマイクロビットは

sそうそうzそうぞそうぞうそうぞうsそうぞうせそうぞうせい創造性創造性w創造性を創造性をt創造性をつ創造性をつt創造性をつち創造性をつちk創造性をつちか創造性をつちかう創造性を培う創造性を培うs創造性を培うさ創造性を培うさい創造性を培うさいk創造性を培うさいこ創造性を培うさいこう創造性を培う最高創造性を培う最高n創造性を培う最高の創造性を培う最高のt創造性を培う最高のつ創造性を培う最高のつー創造性を培う最高のつーr創造性を培う最高のつーる創造性を培う最高のツール創造性を培う最高のツールn創造性を培う最高のツールに創造性を培う最高のツールにn創造性を培う最高のツールにな創造性を培う最高のツールになr

Connect the micro:bit
マイクロビットは、
創造性を培う
最高のツールになる

CCoConConnConneConnecConnectConnectConnect tConnect thConnect theConnect theConnect the mConnect the miConnect the micConnect the micrConnect the microConnect the micro:Connect the micro:bConnect the micro:bi

mまいまいkまいくまいくrまいくろまいくろbまいくろびまいくろびtまいくろびっtまいくろびっとマイクロビットマイクロビットhマイクロビットは

sそうそうzそうぞそうぞうそうぞうsそうぞうせそうぞうせい創造性創造性w創造性を創造性をt創造性をつ創造性をつt創造性をつち創造性をつちk創造性をつちか創造性をつちかう

sさいさいkさいこさいこう最高最高n最高の最高のt最高のつ最高のつー最高のつーr最高のつーる最高のツール最高のツールn最高のツールに最高のツールにn最高のツールにな最高のツールになr

newtown 2018
  • about今回の取り組みについて

    子どもたちの「好奇心の成長」を大切に

    2018年11月、カルチャーメディアCINRAが主催する大人の文化祭「NEWTOWN 2018」が開催されました。
    本イベントは、「みんなでつくる、新しい文化祭」をテーマに、廃校となった校舎をメイン会場にしてトークショー、アーティストのライブやワークショップを行うイベントです。
    当日は都心からはもちろん、会場周辺にお住まいの幅広い年齢層の方々が来場しました。

    そんなNEWTOWNで、今回新たな取組みとして小学生向けのプログラミングワークショップを開催しました。

documentary movie
  • 義務教育課程では必修化となり、世間でも注目を集めているプログラミングですが、
    広がりをみせているからこそ勉強の延長となってしまっているのが現状です。

    プログラミングができたら何ができるのか、どんな楽しいものが作れるのか。
    子どもたちが本来もっているワクワクやドキドキを大切に、参加した小学生の皆さんには、micro:bitを使ったラジコンカーを製作しました。

    講師にはプログラミング教育の第一人者の小室真紀さん。
    またインフルエンサーの塩谷舞さん・はましゃかさんにも子どもたちに交じって参加していただきました。

  • specialスペシャルインタビュー

    プログラミングは、
    子どもが輝く鍵になる

    講師を務めてくださった小室真紀さんと、ワークショップに参加していただいた塩谷舞さんによるスペシャル対談インタビュー実施。

    小学校でのプログラミング必修化もすぐそこ。教育事情やデジタルデバイスの扱いなど、立場は違えどデジタルに関わるお2人にお話しいただきました。

  • INFLUENCER

    塩谷 舞

    instagram

    アート、デザイン、音楽、映画、ファッション、文学、映像、舞台、デジタルアート、伝統芸能など、あらゆるジャンルを取り扱うカルチャーWebマガジン『milieu』の編集長。1988年、大阪・千里生まれ。京都市立芸術大学 美術学部 総合芸術学科卒業。大学時代にアートマガジン『SHAKE ART!』を創刊、展覧会のキュレーションやメディア運営を行う。2012年にCINRA入社、Webディレクター・PRを経て、2015年からはフリーランスとして執筆・司会業などを行っている。
    http://milieu.ink/

    TEACHER

    小室 真紀

    株式会社スイッチエデュケーション 代表取締役社長。「作ること、遊ぶことを通した学び」をすべての子供に実践することを目的とし、子ども向けのプログラミングワークショップや講演会を通して、STEM教育普及活動を行う。
    https://switch-education.com/

  • merit早くからパソコンに触れる4つのメリット

    勉強のためだけじゃない!?
    パソコンが基礎学習になる

    MERIT-01

    子どもの「学びたい」力をのばす

    好奇心旺盛な子どもたち。
    手元にパソコンがあれば、自分の力で気になったものを調べることができます。
    本やテレビは決まった情報を取り入れるメディアですが、インターネットは知りたい情報を子ども自身が取捨選択できる自由なメディア。
    パソコンを使うことを通じて、主体的に自ら何かを調べたり、判断する力が自然と身についてくるでしょう。

  • merit
  • merits
  • merit
  • MERIT-02

    脳の発達のためにいちばん重要な時期

    脳の発達が進む時期は、小学校高学年~高校生くらいの間だと言われています。
    この時期にさまざまな情報を見聞きしたり、興味や関心のあることについて自分の手で調べたりすることで、脳に「知的刺激」が加わります。
    知的刺激を受けることで、脳内で知能を司る背外側部(はいがいそくぶ)と呼ばれる部位が発達し、将来の知能レベルに影響を与えると言われています。

  • MERIT-03

    2020年には、小学校や大学など
    多くの教育機関でもIT化が進む。

    近い将来、パソコンの重要性はますます高まってくると言われています。
    2020年には小学校でプログラミング教育が必修化され、また同じく2020年度からは、大学入学のセンター試験を廃止し、思考力・判断力・表現力を中心に判断する「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」が導入される見通しです。
    早いうちにパソコンに慣れておくと、進学のときにも安心です。

  • merit
  • merit
  • MERIT-04

    今後必要とされるのは、IT人材。

    経済産業省が発表した、IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果によると、
    2020年に36.9万人、2030年には78.9万人のIT人材が不足すると予測されています。
    ビッグデータやIoT 等の新しい技術やサービスの登場により、今後ますます幅広い分野でIT利活用が進むことが予想され、ITスキルを身に着けておくことは、将来の安定にもつながると言えます。

そもそもプログラミングって何?
プログラミングで何ができるの?

プログラミングを新たに始めようとしている方の疑問にお答えします!

はじめての一台から、機能性重視のパソコンまで、おすすめをピックアップ!

mouseならエントリーモデルから、高負荷な作業でもサクサク動くハイスペックPCまで幅広いラインナップを揃えています。
インターネットを始めたり、デザインやプログラミングに興味をもったり、映像の編集をしてみたり…
mouseは、人生を通してパソコンを使用するシーン/ニーズの変化にも対応し、長くつきあっていけるブランドです。

  • はじめやすさ重視のエントリーモデル

    エントリークラス

    m-Book J370SN-S2

    販売価格:97,800円(税別)

    処理速度・機能面ともに、過不足なく、快適に動作するため、最初の1台には最適。マルチタスク処理能力が向上した最新4コア8スレッドの第8世代CPU搭載。筐体もホワイトカラーを採用し、親しみやすいデザインとなっている。

  • 成長を見越した機能拡張モデル

    スタンダートクラス

    m-Book K690SN-M2S5

    販売価格:109,800円(税別)

    高速SSDを標準搭載で快適動作を実現。成長にあわせて、例えば動画編集や写真を始めた場合でも、編集・加工ソフトが問題なく動くスペックとなっています。モニターには、少し大きめの15.6型を採用し、様々な用途で活躍間違えなし。

  • pick up
  • 地域のプログラミング教室には行ったことがあったのですが、今回は良い意味で座学の勉強を超えて、キラキラしながら遊んでいたのがとても印象的でした。今回使用したパソコンは、全体がホワイトでデザインされているのが珍しいと思い、子供がいる空間にも馴染んでいたので好印象をもちました。
    (小学校4年生男子・父親)

    users voice
  • 参加する前、子供に「パソコン触ったことある?」と聞くと、「ほとんどない」とのことだったので、少し心配していました。しかし、いざ始まってみると、いわゆるパソコンの使い方の講習はほとんどなかったにも関わらず、問題なくタイピングできていたので驚きました。帰り道には「また参加したい!」といっていたので、もっとパソコンを触る機会をつくってあげようと思いました。
    (小学校4年生女子・父親)

  • 息子に感想を聞くと、プログラミングというとコードを書くという思い込んでいたが、ブロックの組み合わせで表現できたので、「書きかた」ではなく、「書く内容」に集中できたとのことです。また、ロボットを自分で作れる工作の部分が面白かったようで、とても前向きに参加していたのが印象的でした。さらにステップアップできるようなものを家でも提供したいと思います。
    (小学校5年生男子・父親)