マウスコンピューター がお勧めする Windows.

大容量メモリに変更でパソコンの動作を快適に [おすすめカスタマイズ]

メモリ カスタマイズでパフォーマンスアップ!

大容量メモリへのカスタマイズでパソコンを快適動作へ!

大容量のメモリを搭載する事によって、アプリケーションの処理速度や実行速度が向上します。

特に効果が現れるのが、アプリケーションを複数使用や高解像度の画像編集、動画のエンコードなどメモリを多く消費するアプリケーションを使用の場合に違ってきます。

動作の安定性やより高いパフォーマンスを求めるなら大容量メモリにカスタマイズがおすすめです。

動作安定、パフォーマンスUP

64ビット OS ならさらに大容量メモリを搭載可能

Windows® XP , Windows Vista® は32ビット OS が主流でした。32ビットOSでは、大容量のメモリを搭載しても OS の制限により約 3GB 程しか実際には使われませんでしたが、64ビット OS なら、搭載したメモリの最大容量まで使用する事ができます。

大容量のメモリを使う 3DCG やレンダリング、フルHD動画の編集などは64ビット OSと4GB 以上のメモリ搭載をおすすめします。

64ビット OSならさらに大容量メモリを搭載可能
搭載可能最大メモリ容量
32ビット OS 64ビット OS
デュアルチャネル対応マザーボード (メモリスロット 4本)
4GB ※ 32GB
トリプルチャネル対応マザーボード
(メモリスロット 3本)
3GB 24GB
クアッドチャネル対応マザーボード (メモリスロット 8本)
4GB ※ 64GB
  • ※ OSの制限により、32ビットOS上では 4GB全ては使用できません。
  • ※ Windows® 7 上で 16GB以上のメモリを搭載する場合、Windows® 7 Professional または Ultimateが必要です。
  • ※ 機種により、上記メモリ容量を搭載できない場合がございます。
  • ※ 搭載可能容量はモデルにより異なります。「カスタマイズ・お見積り」画面でご確認ください。
  • ※ 見積り画面で選択できない機種は、変更・追加をすることは出来ません。即納モデル、アウトレットモデルなど一部機種はカスタマイズすることは出来ません。
  • ※ 商品到着後の構成変更等は、サポートセンターまでご相談ください。
  • ※ 価格は見積り画面でご確認ください。
  • ※ 画像はイメージです。