【注目キーワード】 第7世代VRNVIDIA TITAN XGeForce GTX 1080RAW現像amanaインタビュー

最先端のVR・映像制作環境へ!「VR-8K動画視聴/編集向けPC」

VR-8K動画視聴・編集向けPC

VR-8K動画視聴/編集向けPCとは

VR用ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift Development Kit 2」の普及とともに、非常に注目されているVR(バーチャルリアリティ)映像の世界。ゲームをはじめとするシミュレーターなどに活用されていますが、再生するだけでPC には非常に過大な負荷がかかります。「DAIV」では、その強力な処理性能により、最新かつ超高解像度の8K 全天球動画の視聴・編集を可能にするモデルを設定し、VR 映像を楽しむことはもちろん、VR 映像クリエイターにも安心して使用いただけるパフォーマンスを実現いたします。

なぜ、8K-VR映像の視聴・編集に、専用PCが必要なのか?

  • VRだからこそ味わえる没入感と迫力を4K映像では引き出せていなかった。
    現在主流の4K映像では、VR用ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift Development Kit 2(以下DK2)」の最大解像度である2Kの半分程度(1K程度)の解像度となり、本来のDK2の性能を活かしきることが出来ていない状態です。
    ヘッドマウントディスプレイ(DK2)の、本来の解像度を活かしきれていない
  • DK2の性能を最大限に楽しむことができる8Kパノラマ映像。
    8K映像の制作は、高解像度4K対応のカメラを複数使い、様々な角度から撮影することで可能です。しかし、8Kパノラマ映像の視聴、編集には、PC側の負担も大きく、通常のPCでは、快適なFPSの維持も難しくなります。
    8Kは7680×4320ピクセル
  • 「DAIV」で実現した、75FPS固定VR8K全天球動画の視聴と編集。
    75FPS固定のVR向け8K全天球動画視聴・編集を実現するために、株式会社HOME360、NPO法人オキュフェスとの共同研究を行い誕生したのが「VR-8K動画視聴/編集向けPC」です。 ハードな使用を前提に、安定した動作と、快適な視聴、編集が可能です。
    低FPSによるコマ落ち発生イメージ

※Microsoft、Windows、Officeロゴ、Outlook、Excel、OneNote、PowerPoint、WindowsのロゴおよびDirectXは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ 記載されている情報は発表時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了となることがあります。
※ 画像はイメージです。