トップページ 閉じる

製品情報

サポート・ガイド

店舗情報・アカウントサービス

ご注文

Windows® 7 エディション別機能比較

Windows 7 エディション別比較

※Windows® 7は、一部の機種を除いて販売終了しております。またOSとしての延長サポート終了日は、2020年1月14日となります。

Windows 8 エディション別機能比較はこちら

あなたに最適なWindows® 7は?

Windows® 7 Starter
ネットブックなどの限定用途で使用するスモールノートPC に最適なエディション
ジャンプ リスト、ピン、スナップ、および Windows サーチのような機能で、ネットブックが簡単に、使いやすくなります。
※販売終了
Windows® 7 Home Premium
音楽、画像、動画などを簡単に視聴・共有して楽しめるなど、家庭向けに最適なエディション
機能:Windows Aero / Windows Media Center / マルチタッチなど
※販売終了
Windows® 7 Professional
ドメイン参加や暗号化システムなどが必要なビジネスユーザー向けエディション 
※ Professional は Home Premium の全ての機能を搭載します。
機能:ドメイン参加/暗号化など
※ダウングレード版のみ一部機種で販売中 (販売は予告なく終了する場合があります)
Windows® 7 Ultimate
全ての機能を備えた最上位エディション。Ultimateにしかない多言語対応や、強化されたBitlocker™機能も搭載。  
※販売終了

Windows® 7 エディション別機能比較

Windows 7 エディション別機能比較
  • ※1 テレビの視聴にはテレビチューナーが必要です。またDVD・ブルーレイ等の視聴には再生に対応したドライブが必要です。
  • ※2 Windows® XPモード機能を、WEBサイトからダウンロードする必要があります。※Windows® XPの延長サポートは終了しました。
  • ※3 言語パックをWEBサイトからダウンロードする必要があります。

32ビット/64ビットの違いは?

32ビット版/64ビット版では、搭載できるメモリ容量や対応アプリケーション等が異なります。

メリット デメリット おすすめ
64ビット 4GB以上のメモリを搭載することができるため、大量のデータ処理が快適になります。 古いソフトウェアや周辺機器などが動作しない場合があります。

WOW(Windows On Windows)というエミュレーション機能により、64ビットOS上でも多くの32ビットソフトウェアは動作するよう設計されていますが、全てのソフトウェア・周辺機器の動作を保証するものではありません。

  • 画像処理、動画編集など大容量のデータを取り扱う方
  • 64ビット対応のアプリケーションを利用する方
32ビット 従来の32ビットソフトウェアや周辺機器が引き続き利用できます。

※OSやハードウェアの違いにより動作しない場合もございます。

搭載メモリの上限は4GBまでとなります。

※OSの仕様上、使用可能な容量は約3GBとなります。

  • インターネットや表計算など、大量のメモリを必要としないソフトを使用する方
  • 古いソフトウェアや周辺機器を引き続き利用したい方

周辺機器・ソフトウェアの64ビット対応状況は、こちらのページからご確認いただけます。

ページの先頭へ