「LuvBook Hシリーズ」 スペシャルインタビュー 藤本ツトムさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でも映像を自由に操れる 革新的なノートパソコン
「Haswell」最上位版グラフィックス「Iris Pro Graphics 5200」搭載 LuvBook Hシリーズ

藤本ツトムさんとLuvBook H

映像編集がもたらす新たな価値観の可能性

LuvBook H
 で制作する藤本ツトムさん

「このマシンは、動画編集にすごく便利ですね」
自身の作品をPCに取り込み、簡単な動画編集を開始して数分経った後、藤本さんから飛び出した第一声だ。「現在、フォトグラファーが映像の分野にどんどん進出する時代になってきているんです。『写真のクリエイティブワークはもちろん、動画をどれだけ快適に編集できるか』ということが、フォトグラファーたちがPCを選ぶ一番の基準なんです。その点でHDサイズのDSLRムービーであれば普通に取り込めて、フル解像度でもガンガン編集できるのにはとても驚きましたね。最近はWindowsのPCで作業したいというクリエイターも増えているので、これは大きな選択肢のひとつになると思いますよ」

日々のクリエイティブワークで多忙を極める藤本さんだが、「ソフトの立ち上がりも非常に早いですし、とても快適ですね」と優れた操作性にも目を見張る。さらに実際の動画編集作業においては、「例えばフォトショップでいうところのトーンカーブやシャープをかけたりという簡単な作業でフィルターをかけたりすると、映像にフィルター効果を適用するための『レンダリング』という作業が必要になるんですが、これも非常にスムーズ。明るさを変えるようなちょっとした作業で、2〜3年前ならだいたい1秒の動画に対して5〜6秒くらいかかっていたんですが、このPCなら2秒くらい。これが5分、10分のムービーで考えるとこの高速性の向上は魅力的ですよね。

LuvBook Hを操作する藤本ツトムさん

あとプロアマ問わず一番やりたいのが映像のスピードを急に上げたり、スローにしてみたりという事なんですが、そういう編集もストレスなく行えます。これはもうプロのフォトグラファーが動画編集用として十分使える範囲のスピード感です。もちろん毎日締切に追われるような仕事なら、もっと早いに越したことはないですけどね(笑)。なにより、今までこういった作業はデスクトップじゃないとできないっていうイメージだったので、革新的ですね」

フォトグラファー/映像ディレクター/
代官山スタジオ映像プロデューサー藤本ツトムさん
フォトグラファー/映像ディレクター/
代官山スタジオ映像プロデューサー
藤本ツトム氏
TSUTOMU FUJIMOTO
【公式HP】
  http://daikanyamastudio.jp/
2006年より映像及びモーショングラフィック制作を開始。現在は主にRED4k収録によるテレビCM、ファッション ムービー制作に関わる。特に4k撮影〜編集〜マスタリングを自身で行うスタイルは高い評価を得ている。また日本大学芸術学部非常勤講師や高速4kデジタルカメラ『RED』のテクニカルアドバイザーを務める。
LuvBook Hで快適作業
HDサイズのDSLRムービーの編集をストレスなく快適に作業。
「フォトグラファーが映像の分野にどんどん進出して写真と動画の境界がなくなってきている今、その両方の作業ができ るこのPCは革新的ですよね」
(藤本ツトムさん)
※DSLR(digital single-lens reflex camera)ムービーとはデジタル一眼レフカメラ で撮影した映像の総称のこと
LuvBook Hシリーズ
LuvBook Hシリーズ
インテル統合型GPUで最上位に位置するインテル Iris Pro グラフィックス5200を搭載したスタンダードノートパソコン。14型フルHD液晶、最大16GBメモリ、ハードディスクとSSDの同時搭載が可能で、高速性と大容量を両立。

HDサイズのDSLRムービーの編集をストレスなく快適に作業。

現在、主にフィールドとしているのは4k映像でのムービーや広告撮影。映像業界の先端を行く藤本さんの仕事にもフィットする部分がこのマシンにはあるのだとか。「PC上で1/8サイズならスムーズに再生できるので、編集までとなると無理がありますが、現場で4kで撮影して確認するレベルであれば十分に使えますね。やはり現場にはモバイルPCしか持っていけないので、この点は非常にありがたいです。あと、なんといっても4kの動画を取り込んでケーブル1本(Mini-Displayポート)で出力できるのは画期的ですね。これに関しては本当に困っていたんですよ。去年の時点でも50〜100万もする4k出力用ビデオボードを使用しないと出力することができませんでしたからね。この短期間で考えられないくらいの進歩ですよ」

さらにこのPCの可能性について、意外にもこう続ける。「身近なところで言えば、例えばパパやママが運動会や旅行先で4kで動画が撮れる時代ですよね、このPCがあればケーブル1本で4kディスプレイにつないで見ることができるんです。最近は、僕のまわりでもいろんなジャンルの方々、ミュージシャンやモデル、デザイナーさんなどが自分でショートムービーをつくりたいとおっしゃいます。そういう映像のプロじゃない人にも操作しやすいし、ぜひ使ってもらいたいですね。みんなが映像も写真も自在に操れて、あらゆることが自由な形で残していけるカルチャーが根付いていったら素晴らしいじゃないですか。そのためのマシンって必要だと思うんです。さらに『これを使えば自分でもできるんじゃないか』という気にさせる、夢のあるものであって欲しい。それがこのLuvBook HのようなPCの役割なんじゃないかなと思いますね」

購入に関するお問い合わせ/ご注文

  • 個人のお客様

    電話
    03-6833-1010
    FAX
    048-739-1315

    受付時間:9時〜20時 ※年末年始を除き無休

  • 法人のお客様/再販・SI・インターネットカフェ事業者

    電話
    03-6739-3808
    FAX
    03-6739-3821

    受付時間:平日 9時〜18時、土日祝 9時〜20時

    ※土日は個人窓口へ転送されます。
    ※公費払いのご相談等、一部のお問い合わせは週明けの対応になります。

購入後のお問い合わせはサポートセンターへ

  • 電話によるお問い合わせ

    24時間365日受付対応しております

    0570-783-794

    ガイダンスに従って、メニュー番号を押してください。

  • IP電話・光電話をご使用のお客様

    03-6833-1286

    FAX

    048-739-1315

※お問い合わせにはシリアル番号・またはご注文番号が必要です。
※電話番号はお間違えの無いよう、よくお確かめのうえおかけください。電話の通話料はお客様のご負担となりますので、予めご了承ください。