DIVE TO MUSIC

EVERY SUNDAY25:30~26:00AM1134 / FM91.6ON AIR

文化放送

2019/9/8,15 ON AIR

COLLABORATION JINGLE OMNIBUS

コラボジングル総集編

22

SPECIAL TALK

総勢20組! 今までのコラボジングルとともに
ヒャダインがDAIV TO MUSICを振り返る!【前半】

コラボジングル総集編

『DAIV TO MUSIC』記念すべき放送五十回目を迎えた今回は、番組がスタートした2018年10月から2019年9月までに出演いただいたゲストを振り返りながら、制作してくれたコラボジングルを紹介する特別企画としてお送りしました!

前半では、2018年10月から2019年3月までのゲストと、そのコラボジングルを紹介します。

2018年10月から2019年3月まで使用していたヒャダインさん制作のベースシングルはこちら。

  • @ 最も多く選ばれた一番人気のベースジングル

    PLAY MUSIC

    STOP MUSIC

  • A ファミコン音楽のようなチップチューンのベースジングル

    PLAY MUSIC

    STOP MUSIC

  • B ワルツ調の3拍子のベースジングル

    PLAY MUSIC

    STOP MUSIC

  • C 一番音数の多いベースジングル

    PLAY MUSIC

    STOP MUSIC

ヒャダインHYADAIN

本名、前山田健一。1980年、大阪府生まれ。
3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につけ、京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、でんぱ組.Incなどのアイドルだけでなく、 SMAP、関ジャニ∞、ゆず、郷ひろみなどのビッグアーティストや、アニソン、CM音楽、映画劇伴、ゲームなど、幅広い分野で楽曲提供を行う。
タレントとしても、テレビ朝日系「musicるTV」、NHK Eテレ「#ジューダイ」、テレビ東京系「ポケモンの家あつまる?」、フジテレビ系「久保みねヒャダこじらせナイト」など多数のTV番組に出演中。

浅野尚志

「でんぱ組.inc」や「チームしゃちほこ」、「NICO Touches the Walls」などに楽曲を提供されている浅野尚志さん。番組には2018年10月と2019年5月の2回出演。2度目の出演時にはDAIVのPCを使って、収録中にコラボジングルを制作していただきました。
交流は現在も続いているとのことで、毎月食事に行く仲だと話していました。
浅野さん出演回の様子

浅野さん制作のコラボジングルはこちら!※ベースジングル@

PLAY MUSIC

STOP MUSIC

浅野さんは、エレキギターの音を複数重ね、ロックテイストのジングルに仕上げてくれました。ギター、ベース、ドラム、ピアノなど、様々な楽器を自身で演奏できる強みを活かし、ほとんどの音を打ち込みではなく生音で重ねているとのことでした。

ヒゲドライバー

2組目のゲストとして紹介したのは、チップチューンの楽曲を数多く手掛けているヒゲドライバーさん。
ヒゲドライバーさん出演回の様子

ヒゲドライバーさん制作のコラボジングルはこちら!※ベースジングルC

PLAY MUSIC

STOP MUSIC

音数が多く、あまりアレンジの余地がないようにも思われる楽曲の上にチップチューンを重ねることで、ヒゲドライバーさんの世界観が全面に表れたアレンジに。コードの変化が多いため、音を重ねるのが難しいジングルであるものの、非常にキレイに音の交通整備がされている、とヒャダインさん。

ケンモチヒデフミ(from 水曜日のカンパネラ)

3組目のゲストは、「水曜日のカンパネラ」のトラックメイカー、ケンモチヒデフミさん。
ケンモチさんは放送で、「水曜日のカンパネラ」4作目のアルバム『私を鬼ヶ島に連れてって』までは、マウスコンピューターのPCで制作されていたと話していました。
テクノやダンスミュージックはPCへの負荷も大きくなることが多いとのことで、それでも問題なく処理してくれるDAIVは、DTMをするうえでもオススメだとヒャダインさんも同意していました。
ケンモチさん出演回の様子

ケンモチさん制作のコラボジングルはこちら!※ベースジングルA

PLAY MUSIC

STOP MUSIC

ケンモチさんはベースジングルを聴き、自身の解釈で再構築(リミックス)する方法でジングルを制作してくれました。
チップチューンのベースジングルをレゲエ風にリミックスしており、聴いた曲から全く違うジャンルの曲をイメージするという発想自体がぶっとんでいて面白いとのことでした。

小松一也

4組目のゲストは、YouTubeの再生回数が1億回を超え、ダンスも話題になった「DA PUMP」の『U.S.A』の編曲を手掛けた小松一也さん。
小松一也さん出演回の様子

小松さん制作のコラボジングルはこちら!※ベースジングルB

PLAY MUSIC

STOP MUSIC

ワルツ調のベースジングルにアコーディオンやカスタネット、シンバルの音を加えるアレンジでジングルを制作してくれた小松さん。元のジングルを補強してブラッシュアップするというアプローチに、ヒャダインさんは「プロの仕事」だと話していました。

小島英也(from ORESAMA)

5組目のゲストは、渋谷から発信する音楽ユニット「ORESAMA」の小島英也さん。80年代ディスコをエレクトロやファンクミュージックでリメイクした楽曲を体現し、DAOKOさんや上坂すみれさんなどに楽曲の提供をされています。
小島さん出演回の様子

小島さん制作のコラボジングルはこちら!※ベースジングル@

PLAY MUSIC

STOP MUSIC

ギターのリフでディスコサウンドにアレンジしているところから「ORESAMA」らしさを感じる、とヒャダインさん。ストリングスでも80年代ディスコの雰囲気を表現しつつ、非常に豪華なジングルになっているとのことでした。

高田雄一(from ELLEGARDEN)

6組目のゲストは、ELLEGARDENのベーシスト高田雄一さん。最近ではアイドル好きが高じて、アイドルグループ「EGR{えぐる}」のプロデュース、作曲などもされています。
高田さん出演回の様子

高田さん制作のコラボジングルはこちら!※ベースジングルB

PLAY MUSIC

STOP MUSIC

番組への出演がきっかけで初めてDTMに触れたとのことですが、ビギナーならではの独創的なジングルを制作してくれました。友人である「元B-DASH」のGONGONさんに協力してもらって歌を入れたというエピソードにヒャダインさんも驚いていました。

神前暁(from MONACA)

7組目のゲストは、「涼宮ハルヒの憂鬱」の『God knows…』や「らき☆すた」の『もってけ!セーラーふく』などを手掛け、アニソンのパイオニアとして知られる神前暁さん。ヒャダインさんの大学の先輩でもあるということで、収録中はお互いを「パイセン」「後輩」と呼び合っていました。
神前さん出演回の様子

神前さん制作のコラボジングルはこちら!※ベースジングル@

PLAY MUSIC

STOP MUSIC

トランペットを演奏していた経験を活かし、吹く息で音の強弱をつけられるブレスコントローラーという機材を使用してアレンジを加えてくれました。トランペットはもちろん、エレキギターも生音のように聴こえるとヒャダインさんも絶賛していました。

里咲りさ

8組目のゲストは、社長としても活躍されているシンガーソングライターの里咲りささん。普段使用しているPCがDAIVとのことで、CD-Rを焼くスピードも以前使っていたPCと全然違いますと話していました。
里咲さん出演回の様子

里咲さん制作のコラボジングルはこちら!※ベースジングル@

PLAY MUSIC

STOP MUSIC

ウィスパーボイスを活かし、多重録音した歌声のハモりが印象的なジングルを制作してくれました。透き通った歌声を重ねることで、音の厚みを増しつつもすっきりとした仕上がりになっているとのこと。

DJ松永(from Creepy Nuts)

9組目のゲストは、「Creepy Nuts」のトラックメイカーであり、DJの世界大会「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS」の日本大会「DMC JAPAN(バトル部門)」で今年優勝を果たしたDJ松永さん。
DJ松永さん出演回の様子

DJ松永さん制作のコラボジングルはこちら!※ベースジングルB

PLAY MUSIC

STOP MUSIC

「元ネタがわからなかったでしょ?」とヒャダインさん。3拍子のベースジングルをリバース(逆再生)し、そこから印象的なメロディーを一部切り取ってリピートするという手法で制作されているとのこと。サンプリングと呼ばれ、HIPHOPの楽曲制作で頻繁に使われる手法なのだそう。

池内ヨシカツ

0組目のゲストは、EDMの最大手レーベル「Spinnin' Records(スピニン・レコード)」が主催する楽曲投稿サイト「Talent Pool」で、日本人初となる世界ランキング2位を記録した池内ヨシカツさん。
池内さん出演回の様子

池内さん制作のコラボジングルはこちら!※ベースジングルC

PLAY MUSIC

STOP MUSIC

後半に向かって盛り上がっていく流れが、EDMやダンスミュージックの雰囲気を演出している、とヒャダインさん。池内さんが京都在住であることにも触れ、今ではトラックメイカーやアーティストが地方に留まっていることも多く、DTMが発達したからこそできる音楽活動もあると思う、とヒャダインさんは話していました。

Licaxxx

11組目のゲストは、DJを軸に、ビートメーカー・ライター・ラジオパーソナリティーなど音楽に関わる活動を幅広く行っているLicaxxxさん。ヒャダインさんが出演する『久保みねヒャダこじらせナイト』のファンということで、トークも盛り上がっていました。
Licaxxxさん出演回の様子

Licaxxxさん制作のコラボジングルはこちら!※ベースジングルB

PLAY MUSIC

STOP MUSIC

大学の講義で、DAWソフト「Ableton Live」を使った実験的な音楽を制作していたとのことで、今回のジングルもその感覚で制作したと話していました。
あえてベースジングルのBPM(曲のテンポ)を大幅に落とし、その上にビートを重ねるという手法でアレンジを加えたジングルに。ヒャダインさんは、ドープで暗い気持ちになるようなジングルにLicaxxxさんの魅力が表れていると感心していました。

後半では、2019年4月から9月までのゲストと、そのコラボジングルを紹介していきます。

後半へ(次のページへ)

SHARE

GUEST