GUEST KOTORI KOIWAI 小岩井ことり

SPECIAL TALK スペシャルトーク

GUEST 小岩井ことり

小岩井ことり × ヒャダイン 声優とDTMerの二つの顔を持ち、
自身が演じるキャラソンの作詞作曲も行う
小岩井ことりのDTMに迫る!

『DAIV TO MUSIC』十四組目のゲストは、声優としてだけでなく作詞家・作曲家としても活動している小岩井ことりさん!
声優としてはこれまで、TVアニメ「のんのんびより」の“宮内れんげ”や「じょしらく」の“波浪浮亭木胡桃(はろうきてい きぐるみ)”など、様々なキャラクターを演じられています。「アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ」では、自身が演じる“天空橋朋花(てんくうばし ともか)”のキャラクターソングの作詞作曲を行うなどマルチな才能を発揮しています。
また、MIDI検定1級という資格を持ち、さらに、知能指数が人口の上位2%であることを認められると入会できる「MENSA」の会員になったことも話題になりました。

そんな小岩井さんをお迎えして行われた『DAIV TO MUSIC』の収録の様子をお届けします!

小岩井ことり KOTORI KOIWAI

京都府出身、2月15日生まれ。ピアレスガーベラ所属の声優。2011年よりプロの声優として活動し、アニメ、ラジオ、ゲームなど幅広くこなす。京都弁、大阪弁、広島弁を自在に操り、趣味・特技は釣り、作詞作曲。出演した作品としては「アイカツ!」(大地のの役)、「チェインクロニクル〜ヘクセイタスの閃〜」(ユリアナ役)、「七つの大罪」(エレイン役)などがある。

1.楽曲制作をはじめたきっかけ

小岩井さんは、声優としてのスキルアップためにDTMをはじめたといいます。声優として活動をスタートしたばかりの頃、アフレコで何もできず不甲斐なさを感じたという小岩井さん。そんな状況を打開するために、PCやDAW、マイクなど、実際にスタジオにある機材を揃えて自分の声を録音するようになったのだそう。小岩井さんは、声の研究にDAWを使っているうちに、曲を作ることにも興味を持ち楽曲制作をはじめました。
以降、MIDIについての知識や能力を審査する「MIDI検定」の1級を取得するなど、精力的にDTMのスキルを磨き続け、2018年には「アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ」で自身が演じた“天空橋朋花”のキャラクターソングの作詞作曲を担当するなど、作詞家・作曲家としての活動も活発に行うように。
ヒャダインさんは「MIDI検定」の存在をあまりよく知らなかったようで、「受けてみたい」と興味津々な様子でした。

2.PCに求めるスペック

小岩井さんが現在使用しているPCは、DTMをはじめた頃に一から自分で組んだデスクトップPC。
当時(2012年頃)はコスパの良いPCがあまりなかったと小岩井さん。DTMに使用するためにスペックの高いPCを検索しても、DTMにはあまり必要のないグラフィックボードが強いゲーミングPCばかりが引っかかり、最適なPCが見つからなかったとのこと。「これは自分で組んだほうが安いし速いな」と思い、自分でPCを組む方法を選んだということでした。
一方で、最近は用途に合わせたスペックのPCも出てきているので、わざわざ組まなくてもコスパの良いPCは探せると思いますねと、「DAIV」のラインナップを例にあげて話してくれました。

※小岩井ことりさんが現在使用されている主な機材は下記。

  • CubasePro 9.5(DAW)
  • Steinberg:Absolute 2、他
    Native Instruments:KOMPLETE 11 ULTIMATE、他
    Prominy:Hummingbird、V-METAL、他
    EastWest:Hollywood Orchestra、RA、他
    FXpansion:BFD2、3
    IK Multimedia:MODO BASS、他
    iZotope:Music Production Suite、他
    Waves:Mercury、他
    UAD:Neve 88RS Channel Strip、Fairchild Tube Limiter、EMT® Classic Reverb、他
    PSP:VintageWarmer2
    TC Electronic:VSS3
    他多数(プラグイン)
  • UAD:ApoloTwin USB
    Steinberg:UR22mk2(オーディオインターフェイス)
  • MEZE:99Classics
    ULTRASONE:Signature DXP
    SONY:MDR-CD900ST、MDR-7506
    VECLOS:HPT-700、HPS-500
    YAMAHA:HPH-W300
    Skullcandy:Crusher360、VENUE
    audioquest:NIGHTHAWK
    Marshall:MAJOR V
    他多数(ヘッドフォン)

3.今紹介したい楽曲

小岩井さんは、作詞、作曲、編曲、それぞれで影響を受けた楽曲を選んで紹介してくれました。
まず1曲目に紹介してくれたのは、自身もキャラクターの声を担当する「THE IDOLM@STER」の楽曲『自分REST@RT』。「THE IDOLM@STER」はプロデューサー視点でアイドルを育てるという内容の作品ですが、この楽曲はそんなプロデューサーに向けて作られた楽曲なのだとか。小岩井さんはこの曲から、自分のエゴイズムに走らず届けたい人の顔を思い浮かべながら作詞する大切さを学んだといいます。
2曲目に紹介してくれたのは、声優の原嶋あかりさんがボーカルを務めるユニット『chocoNekoβ』に小岩井さんが提供した楽曲『inner wave』。こちらは原嶋さんからの依頼を受け、仕事として初めて作曲を行った楽曲とのこと。「この曲がきっかけで、徐々に楽曲提供のお仕事をいただけるようになりました」と小岩井さん。
3曲目は、バラエティ番組の企画で結成されたアイドルユニット『OKL48』の『永遠より続くように』。元々、番組の小道具さんが作曲したスローテンポな楽曲ですが、実際にリリースされた楽曲はAKBグループらしさ全開のアレンジになっており、編曲の力を感じた楽曲だと話していました。

4.今回制作いただいたジングルについて

『DAIV TO MUSIC』のメインコンテンツとなるジングル制作のコーナー『DAIV MUSIC STUDIO』。
ヒャダインさんが制作したベースとなるジングルに、各ゲストの方がアレンジを加えてジングルを完成させるというもの。ベースとなるジングルは4パターンあり、ゲストの方が好きなものを選択しアレンジを加えます。
小岩井さんは、ベースジングルの選定もアレンジもクリエイター向けPC「DAIV」をイメージして行ったと話していました。声優さんならではのアレンジも加えつつ、作曲や編曲を本業としていないとは思えないクオリティのジングルを制作してくれました。
そんな貴重なジングルは動画上で聴くことができますので、ぜひチェックしてみてください!

5.小岩井ことりさんにとって『DTM』とは

声優でありながら、作詞家・作曲家としても活動する小岩井さんは、「DTMとは」という質問に「翼」と回答。
PCやDAWというツールを使うことで楽曲を作り、それがたくさんのチャンスやきっかけをくれたということで、「DTM」は自分を羽ばたかせてくれる「翼」のようなものだと話してくれました。

自身が演じるキャラクターの楽曲を作詞・作曲するという快挙を成し遂げた小岩井ことりさん。声優と作詞家・作曲家という二足のわらじを履きながら、今後どのような活動を繰り広げていくのか要チェックです!