えび

Now Loading...

プレゼント箱
プレゼント箱
名取さな
王冠
ハートのプレゼント箱
プレゼント長箱
黄色のプレゼント箱
プレゼント箱
紫色のプレゼント袋

初アニメ―ションMV
「アマカミサマ」ができるまで!
名取さな
ハート
クリエイターPC DAIV

PROJECT

マウスコンピュータ―と名取さなによる初イラストMV制作の裏側!つい開催しました!

2021年3月7日「さなの日」に
名取さな初のバースデイイベント「さなのばくたん。」が開催されました!
会場にて初披露された
新曲「アマカミサマ」の制作を担当した、
作曲家田中秀和さんと映像監督ぬヴェントスさんに
制作の裏側をインタビューしています。
今回のミュージックビデオは、
名取さな初の「全編イラスト&アニメーション」!
クリエイターがこだわる初だらけの
試みをぜひご覧ください!

紙吹雪
紙吹雪
紙吹雪
紙吹雪
黄色のプレゼント箱
ハートのプレゼント箱
プレゼント袋
黄色のプレゼント箱
プレゼント袋
プレゼント箱
プレゼント箱
プレゼント箱
プレゼント箱
  • さなのばくたん。ていねいな誕生日会の様子
  • さなのばくたん。ていねいな誕生日会の様子
  • さなのばくたん。ていねいな誕生日会の様子
  • さなのばくたん。ていねいな誕生日会の様子

さなのばくたん。 -ていねいな誕生日会-

名取さな初のバースデイイベント
「さなのばくたん。」を開催。
「せんせえ」たちと一緒に作り上げた
イベントの様子をご紹介します!

えび

いくぞ〜!名取さなと歩くラチッタデラ!

名取さなが会場周辺を歩く
動画もDAIVで制作!

会場周辺を歩く名取さな
会場周辺を歩く名取さな
名取さなと歩く
うさちゃん先生

PROFILE

  • 名取さな

    バーチャルYouTuber名取さな

    YouTubeを中心に生配信や、ゲーム実況などの活動をしながら、丁寧なインターネット生活を目標に掲げているバーチャルYouTuber。

    2020年3月に桃井はるこ作詞作曲のオリジナルソング「PINK,ALL,PINK!」を発表、同年8月から宮城県名取市との献血推進活動コラボも行われている。

  • 田中秀和

    作曲家田中秀和

    作編曲家。モナカ所属。大阪府出身。
    「アイドルマスター シンデレラガールズ」など数々のアニメ作品の主題歌やキャラソンを中心に担当。アーティストへの楽曲提供も多数行う。

  • ぬヴェントス

    映像監督ぬヴェントス

    1991年生。早稲田大学卒業後、大手WEB広告代理店にてWEBマンガの編集業務に従事。
    2016年から映像制作を始め、
    その後2020年より、株式会社OTOIROに所属。

  • 宝丼

    アニメーター宝丼

    映像制作集団『賢者』の副代表。学生の頃「モブサイコ」のTVCMで映像制作、「日本橋高架下R計画」でアニメーターを始める。以降「はるかなレシーブ」メインアニメーター「魔女の旅々」魔法エフェクト監修「モブサイコ100U」アイキャッチデザイン、天月オリジナルソング「ライフイズビューティフル」MV制作等

インタビューを受ける田中秀和さん 作業風景

楽曲制作についてのお話。

田中秀和
作曲家田中秀和
名取さな
ー名取さんからオファー受けてどう思われましたか?
名取さんの存在は以前から知っていました。Twitterのアカウントをフォローいただいたり、僕の周りにいるバーチャルYouTuberを好きな方々からよくお名前を聞いたり。ただ、面識やネット上でのやりとりはなかったので、驚いたというのが率直な感想です。
楽曲のオーダーを名取さんから受ける時も、僕が今まで作った楽曲をいくつか挙げてくれて。その中で明るくて楽しい雰囲気もありつつ切なくてノスタルジックな雰囲気もほしい、といったオーダーをいただきました。今回、面識がない中で、名指しで自分にオファーをくださったことはすごく光栄なことですし、本当に嬉しかったです。
浮いている名取さな
ーどんなテーマを持って楽曲を作られましたか?
僕は楽曲を作り始める前に、楽曲の方向性をかなり明確にしていくんです。これまでの名取さんの楽曲は、「さなのおうた。」であれば自己紹介の役割を果たしていたり、「PINK,ALL,PINK!」は、ライブで盛り上がるような楽曲だったりと、外に向けた楽曲という意味合いがあったのではないかと思います。今回の楽曲である「アマカミサマ」の方向性は内省的というか、名取さん自身の胸の内に秘めたものを魅力的に伝えることをポイントに制作しました。
名取さんご自身のオーダーにもそういった側面があったように僕は感じていて。いつもの放送でのせんせえ方との関わり合い方や接し方の中で面と向かっては出せていない想いや気持ちをテーマにした楽曲にしたいという話は伺っていましたね。
ー「アマカミサマ」を作るにあたり、こだわった部分を教えてください。
作詞は何度も一緒に楽曲を作ってきた只野菜摘さんにお願いをしました。ツーカーの仲といいますか、僕らのような気の知れた関係性の中で楽曲を作ることで名取さんが求めるものを音楽でも言葉でも表現できるのではないかと思ったことが理由です。先ほど話した、面と向かっては出せていない想いというのは、名取さんご自身が普段の楽しい放送の裏で悩んでいるからこそ生まれる部分ではないかと僕は思っていて、そんな空気感を音楽にも歌詞にものせたいという部分はこだわっています。
浮いている名取さな
歩く名取さな
ー「せんせえ」の方々に曲を通して伝えたいことはありますか?
名取さんの配信を拝見すると、実際に考えていることを違う言葉で表現している部分が多いなと感じました。本当はこう思っているんだよという本音の部分が、ちゃんとせんせえ方に届いているのは名取さんとせんせえ方との素敵な信頼関係が成せるものだと思っています。名取さんご自身の誠実さや、せんせえ方との信頼関係からくるあったかい雰囲気も曲にのせているので、ぜひ感じていただけると嬉しいです。
歩く名取さな
名取さなのイラスト
インタビューを受けるぬヴェントスさん 作業風景

MV制作についてのお話。

ぬヴェントス
映像監督ぬヴェントス
名取さな
ーどのようなコンセプトで今回のMVを制作されましたか?
名取さなさんのMVを作らせていただくのは今回で3作目になります。1作目の「さなのおうた。」は見てくれてるせんせえ方への感謝を、2作目の「PINK,ALL,PINK!」は名取さん自身がステージに立つ喜びやパフォーマンスをメインに仕上げており、どちらも「名取さんの非日常」をテーマにしていました。
今回の「アマカミサマ」では、名取さんと視聴者であるせんせえ方との普段のコミュニケーションや名取さんの日常的な一面をテーマに制作しています。名取さんから、「アニメーションを使ったMVにしてほしい」というオーダーをいただいていたので、イラストならではの良さといいますか。アニメーションだからこそ表現できる名取さんの表情や仕草をポイントに、親しみやすくて本当に名取さんの日常見てるかのようなMVになることを心がけて制作しました。
ー今回のMVは名取さなさん初の全編イラスト&アニメーションとのことですが、今までとどんな違いがありましたか?
アニメーターの宝丼さんが描いてくださる名取さんのアニメーションが、頭身が低く線がシンプルでかわいらしいものだったので、その良さを邪魔しないように映像を作ることでおのずと今までのMVとの差別化は図れたのではないかと思います。
制作工程にも大きく違いがありました。普段ですと、曲をいただいて歌詞を読んだ後にどんな映像にするかのテーマを大きく決めて絵コンテやVコンテで動かしていく工程に入るのですが、今回の場合は、アニメーションを描いていただく工程が挟まるため、絵コンテと並行してアニメーションのオーダーもさせていただきました。
例えば、曲の後半部分に名取さんが飛び込むようなカットのアニメーションがあるのですが、元々は髪の毛が揺れるくらいの動きをオーダーしていまして。そこに、宝丼さんがカメラの動きもがっつりつけた非常に魅力的なアニメーションを作ってくださったんです。背景は場合によっては自分が作っているところもあったのですが、そういった場合はアニメーションに合わせて背景も変更していきましたね。宝丼さんの魅力あふれるアニメーションを生かしつつ制作しています。
ーMVの見どころを教えてください。
名取さんががっつりアニメーションとして動く表現は今までになかったので、全体が見どころといった感じでしょうか。一番Aメロの「ごめんね」って歌詞と合わせて名取さんが動くアニメーションは特にこだわっています。最初のフックになる部分でもありますし、MVを見ている人にもここから名取さんのアニメーションが始まるんだ!という勢いがつけばいいなという想いを込めました。
演出面では、宝丼さんのアニメーションが2Dの映像になるので、エフェクトや背景を3DCGのソフトで作る際に見え方が2Dのグラフィックに見えるよう模索しながら取り組んでいました。手書きだからこそ出る味やCGだからこそ出せる動きのニュアンスを織り交ぜていけるよう工夫をした部分もぜひ見てもらいたいです。
今までの名取さんはせんせえ方に向けたパフォーマンスが多い印象ですが、今回はひとりでいる時の名取さんの日常カットのようなアニメーションもいくつか盛り込んでいます。それこそ、名取さんの日常を覗くといいますか、普段の配信では見られないような名取さんの姿をアニメーションで起こせたのは一番の見どころなのではないかと思っています。
座っている名取さな
ー今後また名取さんのMVを作る機会があればどんな作品を作りたいですか?
名取さんとご一緒して今回で3回目のMV制作になるのですが、名取さんのプロ根性といいますか、ツイートひとつとってもそれが全て「名取さな」の一部になることを全部理解して誠心誠意向き合っている姿は本当に尊敬します。僕は、名取さんのことを最も完璧なバーチャルYouTuberだとずっと言っているので(笑)。
名取さんはイラストも描かれますし、動画も制作されているのでご自身が監督をしたMVを見てみたいです。そのときはぜひともお手伝いができればと思います。名取さんのディレクションで映像を作ってみたいですね。
座っている名取さな
名取さなのイラスト
名取さなのイラスト
DAIVを使用してアニメーション制作を行うぬヴェントスさん

DAIVを使用してみて。

ぬヴェントス
映像監督ぬヴェントス
名取さな
ー制作時にはどんなソフトを使用されたのですか?
主に3DCG制作のためにCINEMA 4D、いただいたアニメーションや作った背景を合成するためにAfter Effectsというソフトを使用しています。CINEMA 4Dで作った背景をAfter Effectsに取り込み見え方や色味を調整したり、影になっている部分をハーフトーンに変えたりと同時に二つのソフトを立ち上げた状態で往復しながら作っていきました。
どちらもPCに対して負荷がかかるソフトのため、あまりスペックが低いパソコンだとメモリが限界で落ちたりもするのですが、DAIVでの作業は非常にスムーズで落ちることもありませんでした。
After Effects上でアニメーションを合成させながら、CINEMA 4Dの中で制作した名取さんのアニメーションをどこに置くか検討することもできたので作業的にもはかどりましたね。
DAIVを使用してアニメーション制作を行うぬヴェントスさん
浮かぶ名取さな
ー今回の作業で必要だったDAIVのスペックはどんなものですか?
After EffectsとCINEMA 4Dを使用する場合、CPUとグラフィックスの性能が大きく関わってきます。タイミングによっては、Photoshop を開くこともあったため、ソフトを多重に起動しても落ちないだけの性能が必要でした。今回の場合、作る絵自体2Dのものが多かったのでグラフィックスは多少控えめにしてパソコンの基本性能でもあるCPUに振るようなカスタマイズをしています。そういった部分では製作面でも恩恵を受けましたし、自身の使用用途に合わせたカスタムができるDAIVの良さを生かせた部分でもあるのではと思っています。
浮かぶ名取さな

MUSIC VIDEO

名取さな 「アマカミサマ」MUSIC VIDEO
座る名取さな

あらゆるクリエイティブニーズに快適さを実現するハイエンドマシン。

OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:インテル® Core™ i7-10700 プロセッサー
グラフィックス:GeForce RTX™ 3070
メモリ: 32GB
M.2 SSD:512GB NVMe対応
ハードディスク:2TB

※2021年3月現在の代表的な構成の一例です。
※当ページの掲載内容は、在庫などの都合により予告なく変更、または終了となる場合があります。

製品詳細を見る

今回ご紹介した、DAIV Z9

DAIV及びmouse製品に関するお問合わせはこちら

  • 個人のお客様のご注文先
    03-6833-1010
  • 法人のお客様のご注文先
    03-6833-1041