製品特長

さらに快適な操作感を
Windows 10 で

Windows® 7 の全てのプログラムと、Windows 8.1 の タイル UI が高度なレベルで共存、
それぞれの長所を融合して新しくなった Windows 10。

自由に拡大縮小する事ができるスタート画面やウェブページに直接メモを付与し、共有する事ができる新しいブラウザ「Edge」など、
新しい機能が備わった Windows 10 でより快適なパソコンライフを体感してください。

  1. 最大6コア12スレッドCPUを
    搭載可能

    場所を選ばずRAW現像や写真編集などの作業を行う環境が求められている中、より優れた能力を発揮できる第8世代デスクトップパソコン向けプロセッサーを採用。
    Core™ i5/i7プロセッサーにおいては従来製品の4コアから6コアになることで、大きな負荷がかかる作業を求められるシーンにおいてより高いパフォーマンスを発揮することが可能です。デスクトップパソコン向けプロセッサーにより、外出先でも高負荷な計算処理を高速化し作業時間を短縮することが可能になりました。

また強力な並行処理を行う能力を持ち合わせており、高画質高画素なRAWデータのバッチ現像処理など、
CPUへの負荷が大きくなる連続的な演算作業においても、前世代のノートパソコン向けプロセッサーを凌駕する処理能力を発揮することが出来ます。

「ファイル容量約36.9MB〜約43.2MB 計50枚(1.86GB)」の高画質RAWデータを選択後、
そパラメータ変更(WB昼光/露光+0.75/コントラスト+10/ハイライト+10/シャドウ+10)を行い、現像ボタンを押して終了するまでの時間を計測する。

検証スペック
DAIV-NG5500 Windows 10 Home/Core i7-8700/16MBメモリ スタンダードPC(m-Book W) Windows 10 Home/Core i7-7700HQ/8MBメモリ

※Adobe Lightroomにて検証実施。 ※グラフは同様のスコアを保証するものではありません。

Adobe RGB比98%による豊かな色表現が可能に

Adobe RGB比98%の広色域対応液晶パネルを採用し、高解像度/高画質な一眼レフカメラの撮影データが持つ本来の色合いも表現することが可能になります。
アドビシステムズ社が提唱する実用的なRGB空間定義となり、sRGBと比較して青から緑にかけての部分など、一部色域において表現可能なより範囲が広くなります。

Adobe RGBの色域に対応したデータは、広い諧調に対応した液晶パネルにする事で色潰れなどを起こしにくく、
正確な色表現を行う事が可能となり、より色域豊かで優れた作品を仕上げる事が出来ます。

  1. 液晶パネルは特性上、一台一台の色域にバラつきが発生し、わずかではありますが、色表現の幅が異なる場合があります。
    そこでDAIV製品では、工場出荷時に色域の測定を行い、表現可能な範囲を明記した「色域出荷データシート」を同梱しお届けします。

    <データシート参考>
    ※測定データは工場出荷時における弊社の測定値です。

高性能な GeForce®グラフィックスを搭載

  • クリエイティブな用途を重視し、Pascal™ アーキテクチャを採用した GeForce® GTX 1050 を搭載、強力な描画性能を提供します。
    マルチディスプレイや4K-UHDの出力など、高解像度環境で陥りやすいメモリ不足を解消する専用ビデオメモリを 4GB 搭載しており、
    安定した処理と低遅延を実現します。

    最大3画面の同時映像出力に対応
    1台のノートパソコンでマルチディスプレイ環境を実現可能

    HDMI、mini DisplayPortを標準搭載しており、フルHDによる3画面環境の構築が可能!
    マルチディスプレイの映像出力や携帯性を活かした外出先での共有ディスプレイ表示、
    作業画面と確認画面をわけるなど状況に応じた環境構築を可能とし、効率的なワークフローを確立できます。

    最大32GBメモリまで拡張可能

    1. パソコンでの快適な作業に必要不可欠なパーツである「メモリ」。
      標準の搭載量でも問題はありませんが、多ければ多いほどいろいろな場面で恩恵を受けることが出来ます。
      複数のアプリケーションを起動させたり、高画質な動画を再生させたりする場合などメモリの搭載量が多いほど
      余裕を持ってデータを処理する事が可能となり結果として快適にパソコンをご使用いただけます。

    最新の超高速ストレージ PCIE-Gen3接続のSSDを搭載可能

    1. 従来のSATA接続のSSDの速度を凌駕する、
      最新の PCI Express Gen.3 ×4 接続 M.2 規格の SSD を 1基搭載可能。

      加えてSATA3接続の2.5インチストレージも搭載可能でSSDを最大2基まで同時に搭載することができ、
      システムドライブ向けSSD と作業領域向けストレージに振り分けてご利用頂く事が可能となり、
      高解像度動画などの大容量データの一時保存領域などとしても充分な速度/容量を実現した
      ストレージ構成を構築することができます。

    「使いやすさ」を追求したこだわりの配置

    マウスやキーボード、プリンターなどの外部デバイスをお好みの配置でご使用いただける様に多数のUSB端子搭載。
    本体両側面に配置する事で各種デバイスを効率良く使用いただけます。
    また最大転送が可能な UHS-I規格対応のマルチカードリーダーを内蔵しており、
    外出先で撮影したメモリーカードからそのままデータの参照を行っても、高速に閲覧を行うことが出来ます。

    USB 3.1 ポート
    10Gbps に対応する高速なデータ転送速度を可能にする USB 3.1 (Type-A×2/Type-C×1) を 計3ポート装備しています。

    USB 3.0 ポート
    ノートパソコンでありながら合計 3 ポートもの USB 3.0 端子を装備しています。
    筐体の左側面・右側面・背面にそれぞれ配置されていますので、利用シーンに応じてフレキシブルに対応可能です。

    USB 2.0 ポート
    従来の外部接続機器にお使いいただける USB 2.0 端子を1ポート装備しています。
     汎用性の高い高速インターフェイスとして、シーンに応じて利用いただけます。

    UHS-I対応マルチカードリーダーを装備
    最大転送速度95MB/sに及ぶ UHS-I規格に対応したマルチカードリーダーを内蔵。
    メモリーカード内に納められた大容量ファイルの転送にも優れたパフォーマンスを発揮し短時間で転送を完了出来ます。

    自然な操作感が心地よい入力デバイス

    【こだわりのキーピッチ&キーストローク】
    資料の作成等で使用頻度の高いテンキーを標準搭載した、ショートカットの活用で作業効率を向上させる107キーキーボードを採用。
    約1.8mmのキーストローク、約18mmのキーピッチを確保したキー配列等、打ちやすさを重視しました。

    【こだわりのタッチパッド】
    実用面での操作メリットを考慮しクリックボタン分離型タッチパッドを採用。
    物理ボタンとの区切りを設ける事で操作性をアップ、操作時に迷わず確実な操作感を得ることができます。

    環境ラベル:J-Moss対応含用箇所による含有状況の詳細はこちら