ニュースリリース

マウスコンピューター、福島県内19カ所の自治体に
約 1000 台の放射線カウンターを提供

2012.12.21

株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都、以下「マウスコンピューター」)は、昨年の 3月 31日にお知らせ致しました「東北地方太平洋沖地震、長野県北部地震の対応と支援」に関しまして、福島県内の自治体に 1,018台の放射線カウンターを寄贈致しましたのでご報告致します。

こちらの製品は福島県内 19カ所の自治体に計 1,018台配布される予定であり、当社のグループ会社であるテックウインド株式会社(代表取締役社長:王夢周、本社:東京都、以下「テックウインド」)の協力の下、寄贈するものであります。

この度、寄贈致します「放射線カウンター(RDTX-PRO Radiation Detector)」は、米国 Scosche Industries.Inc 社の製品で、世界的な認証テスト機関米国FLUKE(フルーク)社で校正された、誤差±5%と高精度な放射線カウンターであり、アイフォーンやアンドロイド携帯、タブレット端末につないで、直感的な操作で専門知識のない一般ユーザーの方にも簡単にご使用いただける製品となります。

放射線カウンター(RDTX-PRO Radiation Detector)について

本製品はガイガーミューラー管を使用したガイガーカウンターとは違い、実質校正の必要はありません。

アイフォーンやアンドロイド携帯、タブレット端末へつなぎ、測定結果は専用アプリ上で詳細に表示されます。測定結果は、即時に Googleマップや Facebook、Twitter などのソーシャルメディア上で世界中の方と共有することや、単独で放射線警報探知機として使用することも可能です。

精度の高い測定をいつでもどこでも行うことができ、自ら積極的に自分や家族の安全な環境をご確認できる製品です。

寄贈先 市町村名一覧

郡山市、白河市、相馬市、田村市、本宮市、大玉村、鏡石町、西郷村、矢吹町、棚倉町、鮫川村、平田村、浅川町、三春町、小野町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村

今後もマウスコンピューターでは、さまざまな活動を通じて、被害を受けられた方をサポートする取り組みを行ってまいります。

  • ※ 記載されている情報は発表時点のものです。
  • ※ 画像はイメージです。