HOME2008年度ニュースリリース一覧(バックナンバー)ニュースリリース

ニュースリリース

マウスコンピューター、Microsoft® Windows® XP搭載モデル全製品に対する
「Windows Live™ OneCare™ 1年間ライセンス付属」のバンドルを開始


〜 PCのユーザビリティ、セキュリティーレベル向上に向けた活動を強化 〜
2008.03.17

株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都、以下マウスコンピューター)は、2月2日から開始いたしました「Windows Live™ OneCare™ 1年間ライセンス付属」の標準搭載を拡大、Windows Vista® 標準搭載モデルに続き、Windows® XP標準搭載モデル全製品も対象とすることを発表いたします。

これにより、Windows® XP環境におきましても、ご購入いただいた当初から最新のセキュリティ環境下においてPCをお使いいただけます。なお、今回の標準搭載に際しましても、お客様への追加ご負担はございません。

【対象ソフトウェア】

以下の製品がバンドルされます。

Windows Live™ OneCare™ 1年間ライセンス付属(PC同時購入版)
* 2年目以降のご利用に関しては、継続ライセンスの購入が必要となります。

【パッケージ写真】

【ソフトウェア詳細】

Windows Live™ OneCare™ は、初心者のかたでもわかりやすいインターフェースで、最高レベルのウイルス対策機能とバックアップやパフォーマンスチューニング、そしてご家庭での複数PCの管理などのメンテナンス機能を併せ持つオールインワンのセキュリティ対策ソフトです。今回PCに標準搭載されることで、お客様はセキュリティ対策の設定や機能の選択に煩わされることなく、最新のPCで最新のセキュリティ対策をシームレスにご体験いただけます。

【対象製品】

マウスコンピューター製Microsoft® Windows XP® 標準搭載モデル
* 3月17日現在、マウスコンピューター ダイレクトモデル限定となります。

【販売チャネル】

マウスコンピューター ホームページ、電話通販窓口、及びマウスコンピューターダイレクトショップ
G-Tuneホームページ、G-Tune:Garage(マウスコンピューター秋葉原ダイレクトショップ2F)

【開始時期】

2008年3月17日 20時より

【期間】

2008年6月末 受注分まで(予定)