HOME2008年度ニュースリリース一覧(バックナンバー)ニュースリリース

ニュースリリース

マウスコンピューターとマイクロソフト、Microsoft® Windows Vista® 搭載モデル全製品に対し、
Windows Live™ サービス、及び1年間ライセンスが付属した
Windows Live™ OneCare™ の搭載を開始


〜 PCのユーザビリティ、セキュリティーレベル向上に向けた活動を展開 〜
2008.02.01

株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都、以下マウスコンピューター)とマイクロソフト株式会社(代表取締役社長:ダレン ヒューストン、本社:東京都、以下マイクロソフト)は、Microsoft® Windows Vista® 搭載モデル全製品に対し、WEBのユーザエクスペリエンスを拡張する「Windows Live™ サービス」、及びセキュリティーレベルとユーザビリティを向上させる「Windows Live™ OneCare™ 1年間ライセンス付属」を標準搭載することを、発表いたします。
これにより、お客様が簡単に、Microsoft® Windows Vista® とWindows Live™の組み合わせにより、安全かつ、魅力あふれるデジタルライフを楽しむことができます。

また、両社は、情報セキュリティ政策会議 (議長:内閣官房長官)にて制定された「情報セキュリティの日」(毎年2月2日に実施)にあわせて、2月2日以降、PCセキュリティに関心が高いユーザー層からPC利用経験が浅い初心者まで、幅広いパーソナルユーザーを対象に、雑誌、及びウェブなどのメディアを通じ、協力してプロモーションを展開していく予定です。
マウスコンピューターならびにマイクロソフトでは、今回の共同での活動を通じ、お客様の手を煩わせることなく、容易に体験できる高度のWebエクスペリエンスからトータルなPCケアまで、充実したデジタルライフスタイルを提供していきます。

【対象ソフトウェア】

以下の製品がプリインストールされます。

Windows Live™ サービス

Windows Live メッセンジャー
Windows Live メール
Windows Live Writer
Windows Live フォトギャラリー
Windows Live ツールバー
Windows Live サインインアシスタント
* Windows Live OneCare ファミリー セーフティ は別途インストールが必要となります。

Windows Live™ OneCare™ 1年間ライセンス付属
* 2年目以降のご利用に関しては、継続ライセンスの購入が必要となります。

【ソフトウェア詳細】

Windows Live™ サービス は、Windows Live Messengerなどの主要コミュニケーションツールに加え、コミュニケーションを快適にするWindows Live フォトギャラリーといった共有ツールを連携させることにより、シームレスで利便性の高い Windows® の利用環境を提供する無料サービスです。インターネット上で提供するWeb サービスと、連携する複数のクライアント アプリケーションで構成されています。
Windows Live™ OneCare™ は、初心者のかたでもわかりやすいインターフェースで、最高レベルのウイルス対策機能とバックアップやパフォーマンスチューニング、そしてご家庭での複数PCの管理などのメンテナンス機能を併せ持つオールインワンのセキュリティ対策ソフトです。今回PCに標準搭載されることで、お客様はセキュリティ対策の設定や機能の選択に煩わされることなく、最新のPCで最新のセキュリティ対策をシームレスにご体験いただけます。

【対象製品】

マウスコンピューター製Microsoft Windows Vista® 標準搭載モデル
* 2/1現在、マウスコンピューター ダイレクトモデル限定となります。

【販売チャネル】

マウスコンピューター ホームページ、電話通販窓口、及びマウスコンピューターダイレクトショップ
G-Tuneホームページ、G-Tune:Garage(マウスコンピューター秋葉原ダイレクトショップ2F)

【開始時期】

2008年2月2日 受注分より

【期間】

2008年6月末 受注分まで(予定)