日本人のきめ細かい
ものづくりへの情熱で
高品質と短納期に
こだわり続けます。

飯山工場 工場長

松本 一成

  • 飯山工場の歴史は
    BTOに特化してきた軌跡

    当初20名でスタートしたマウスコンピューターの飯山工場の軌跡をたどることは、BTOパソコン生産に特化してきた歴史だと言えます。BTOパソコン生産に関するノウハウがない段階から、私たちは短納期と高い品質への挑戦がはじまったのです。

    いまやマウスコンピューターの特長として認知されているBTOパソコン。その一台一台の構成は異なります。最新の部品を搭載することも可能です。このメリットを最大化するために私たちは試行錯誤を重ねました。多品種少量生産に対応するには? しかも、最速でお客様にお届けできる方法とは? 結論は、一台のパソコンの全工程を一人で丁寧に手づくりする「セル生産方式」でした。

    人の手だから、新しい部品が入ってきてもすぐに組立てられます。もしベルトコンベアを使った流れ作業だったら、生産ラインを制御するプログラムの変更に時間や手間がかかってしまいます。BTOパソコン生産において、細かいところに目が行き届く熟練の手に優るものはありません。ファクトリークオリティーは、臨機応変に対応できる“人”が支えているのです。

飯山工場の
歴史は
BTOに特化してきた
軌跡

当初20名でスタートしたマウスコンピューターの飯山工場の軌跡をたどることは、BTOパソコン生産に特化してきた歴史だと言えます。BTOパソコン生産に関するノウハウがない段階から、私たちは短納期と高い品質への挑戦がはじまったのです。

いまやマウスコンピューターの特長として認知されているBTOパソコン。その一台一台の構成は異なります。最新の部品を搭載することも可能です。このメリットを最大化するために私たちは試行錯誤を重ねました。多品種少量生産に対応するには? しかも、最速でお客様にお届けできる方法とは? 結論は、一台のパソコンの全工程を一人で丁寧に手づくりする「セル生産方式」でした。

人の手だから、新しい部品が入ってきてもすぐに組立てられます。もしベルトコンベアを使った流れ作業だったら、生産ラインを制御するプログラムの変更に時間や手間がかかってしまいます。BTOパソコン生産において、細かいところに目が行き届く熟練の手に優るものはありません。ファクトリークオリティーは、臨機応変に対応できる“人”が支えているのです。

一人がその一台に責任を持ち、工場全体でミスをなくす

一人がその一台に責任を持ち、工場全体でミスをなくす

DAIVやMouseProなどのプロフェッショナル向け製品から、私たちのBTOパソコンへの信頼をいただき、現在、社員数は当初の7倍以上、生産台数は5倍以上になりました。セル生産方式によって、作業者一人一人に強い責任感が生まれます。自分が作り上げた製品をお客様に使っていただける喜びも感じることができます。生産体制の強化と共に、飯山工場は成長し続けています。

ロボットと違って、人はミスするものです。たとえミスが出ても出荷されない仕組みを取っています。組立てた人とは別の人が、きちんと組み上がっているかを、中を開けて確認します。コネクターが少し斜めになっていたり、ネジが最後までしまっていなかったり、別の人の目と手で確認します。手間がかかることですが、国産のパソコンメーカーとして、品質は妥協できません。

お客様から寄せられる声、特に「負」の声を大事にしています。たとえ製造不良ではないクレームでも、製造現場で気づいてほしいことは「気づきの掲示板」で情報共有しています。この工場から不良品を出したくない、スタッフ全員の責任感を高めるための取り組みです。

  • 国内生産だからこそ、
      納期にもこだわる

    通常、デスクトップパソコンは4営業日、ノートパソコンは3営業日での出荷が基本です。最短で翌日出荷のオプションも提供しています。すべて同じ工程を踏んでいますから、現場での対応は複雑です。

    各製品には出荷する曜日ごとに色分けされた構成表がついているので、一目で納期が分かります。作業現場に入ってくる順番は違います。その中から各自がピックアップしていきますが、その日のメンバーを見てベテランが率先して難易度の高い組み立てを担当します。管理者は特にいません。お約束の納期を守るために協力しながら、一人一人の責任感と、適切な判断を繰り返しています。

    みんなが日々考えながら作業していますから、職場環境を改善するための様々なアイデアも生まれてきます。たとえば、一度に複数台のパソコンに電源が入れられるように電源タップを移動式ラックに増設したり、手作りの回転式作業台を作成してスムーズな組立て作業を実現するなど、創意工夫が詰まった工場になっています。

国内生産
だからこそ
納期にも
こだわる

通常、デスクトップパソコンは4営業日、ノートパソコンは3営業日での出荷が基本です。最短で翌日出荷のオプションも提供しています。すべて同じ工程を踏んでいますから、現場での対応は複雑です。

各製品には出荷する曜日ごとに色分けされた構成表がついているので、一目で納期が分かります。作業現場に入ってくる順番は違います。その中から各自がピックアップしていきますが、その日のメンバーを見てベテランが率先して難易度の高い組み立てを担当します。管理者は特にいません。お約束の納期を守るために協力しながら、一人一人の責任感と、適切な判断を繰り返しています。

みんなが日々考えながら作業していますから、職場環境を改善するための様々なアイデアも生まれてきます。たとえば、一度に複数台のパソコンに電源が入れられるように電源タップを移動式ラックに増設したり、手作りの回転式作業台を作成してスムーズな組立て作業を実現するなど、創意工夫が詰まった工場になっています。

飯山工場が笑顔あふれるお客様参加型の組み立て教室

飯山工場が笑顔あふれるお客様参加型の組み立て教室

毎年開催している、小学6年生の児童と保護者の方がペア参加できる「親子パソコン組み立て教室」や、インターネット注文のオプションメニューとして提供している「組立ワークショップ」では、実際に、お客様が飯山工場に来て組み立て体験できます。

私たちスタッフが先生役としてお手伝いしながら、自分で作る世界に一つだけのパソコンを組立てていきます。完成した時の満面の笑みを目の当たりにすると、こちらまでうれしくなります。そして、手づくり自体に喜びがあることを再認識できます。また、「マウスさんの説明はわかりやすいですね」などと、お客様から声をかけられると、私たちの励みになります。

これからもお客様に信頼していただける生産体制を盤石なものにするために、飯山工場で働くすべての従業員が働きやすいよりよい環境にしたいと考えています。それは、私たちの品質へのこだわりを守ることにもつながっていると思います。そこには特別なことはありません。品質を守っていく方法は継続しかありません。一度、品質が落ちたら、一朝一夕では回復できません。挽回するには数年、数十年かかってしまうのですから…。

これまでやってきたことを、これからも地道に取り組んでいく。マウスコンピューターのファクトリークオリティーは“継続は力なり”に集約されていると思います。

インタビュー一覧

INTERVIEW LIST

  • テクノロジークオリティー
    テクノロジークオリティー Technology Quality
  • ファクトリークオリティー
    ファクトリークオリティー ファクトリークオリティー
  • サービスクオリティー
    サービスクオリティー サービスクオリティー
  • リペアクオリティー
    リペアクオリティー リペアクオリティー
  • セールスクオリティー
    セールスクオリティー セールスクオリティー

その製品・サービスはお客様のご期待を超えているか、
未来をリードしているか。

私たちの挑戦に、終わりはない。