便利に使いやすくするための機能が向上!Windows 8.1 Update

Windows 8.1 Updateのインストールはこちらから

便利に使いやすくするための機能が向上

Windows 8.1 Update

Windows 8.1 Update では、タッチ操作やマウス操作で Windows をさらに便利に使いやすくするために機能が向上しています。また、さらにユーザーが多くの種類のデバイスからお好みのデバイスを選ぶことができるように、Windows を多様なデバイスで使用可能にするための機能向上も含まれています。

お気に入りのアプリと主要なコントロールへの簡単なアクセス

Windows 8.1 Updateでさらに便利に使いやすく!スタート画面からシャットダウンや検索も簡単に操作ができ、アプリの切り替えも素早くできるようになりました。

  1. スタート画面から検索やシャットダウンが可能
    スタート画面から検索やシャットダウンが可能

    スタート画面の右上隅、アカウントの画像の隣に表示された[電源] ボタンと [検索] ボタンにより、すばやく簡単に操作を行う事が可能になりました。

  2. ストアアプリもタスクバーに表示
    ストアアプリもタスクバーに表示

    デスクトップ アプリも Windows ストアから入手したアプリも、実行中にはタスク バーに表示されます。また、アプリをタスク バーにピン留めすると、デスクトップからアプリを簡単に起動でき、また複数のアプリを切り替える操作をすばやく行うことができます。

  3. サインイン後にデスクトップを表示可能
    サインイン後にデスクトップを表示可能

    デスクトップを使うことが多い場合は、サインイン (ブート) 後に、スタート画面ではなく、直接デスクトップを表示することもできます。サインイン後の画面をスタート画面に戻す場合は、いつでもこの設定を変更できます。

さらに使いやすくなったマウスとキーボードのオプション

マウスとキーボード操作が大幅に改善され、デスクトップユーザーに使いやすくなりました。

  1. マウスでアクセスしやすくなりました
    マウスでアクセスしやすくなりました

    画面の上端にマウスを移動すると、閉じるボタンと最小化ボタンが表示され、マウスを画面の下端に移動すると、タスク バーを表示できます。一貫した動作でマウスを使うことができるようになりました。

  2. 右クリックすると、詳しいオプションを表示
    右クリックすると、詳しいオプションを表示

    マウスを使っている場合にスタート画面でタイルを右クリックすると、タイルの横にコンテキスト メニューが開き、そのタイルに関するオプションが表示されます。

  3. ストアアプリとデスクトップアプリを切り替え
    ストアアプリとデスクトップアプリを切り替え

    マウス操作では、タスクバーを使ってストアアプリに移動し、そのままデスクトップアプリに切り替えることが可能です。また、タスクバーにストアアプリをピン留めすることも可能になりました。

さらに簡単になった新しいアプリの検索

Windows 8.1 Updateでは、ストアが規定でタスクバーにピン留めされているため、新しいアプリも簡単に見つけられます。

  1. デスクトップからストアへ
    デスクトップからストアへ

    Windows ストアが既定でスタート画面とタスク バーにピン留めされているため、新しいアプリを簡単に見つけることができます。 検索チャームを使う場合、Bing スマート検索では候補と検索結果にアプリも含められます。

  2. 最近インストールしたアプリを記憶
    最近インストールしたアプリを記憶

    新しいアプリをインストールすると、スタート画面の左下隅にメッセージが表示され、最近インストールしたアプリを確認できるアプリ ビューに、矢印アイコンで移動できます。

Windows 8.1の機能に関してはこちら

デスクトップにスタートボタンが表示されるようになり、デスクトップでの作業がより快適に。

  1. 使いやすさを高めたスタート画面
    使いやすさを高めたスタート画面

    新しくタイルのサイズや、背景など、劇的な変化がないので、Windows 8からの移行イメージも違和感なく使えるスタート画面になりました。

  2. デスクトップに新たにスタートボタンが配置
    デスクトップに新たにスタートボタンが配置

    デスクトップ画面に、スタートボタンが表示されるようになりました。スタート画面への切り替えもチャームを呼び出すのにワンクリックで可能に。

  3. 起動直後にデスクトップ画面へ
    起動直後にデスクトップ画面へ

    タスクバーのプロパティ設定を変更することで、サインイン時に直接デスクトップ画面を表示させれることが可能です。

Windows 8.1 の注目の新機能

  1. スタート画面からアプリ一覧へ素早く移動
    スタート画面からアプリ一覧へ素早く移動

    スタート画面に新たに矢印アイコンが設置、ワンクリックでアプリ一覧画面を表示させることができます。

  2. タイルのサイズが2つから4つへ
    タイルのサイズが2つから4つへ

    Windows 8では2種類しかなかったタイルサイズがWindows 8.1では、4種類に増えたので整理しやすく、みやすいスタート画面に。

  3. 自分好みにサイズ変更
    自分好みにサイズ変更

    タイルは、“大”、“広い”、“中”、“小”と4種類のサイズに変更が可能、自分好みにカスタマイズできます。

  4. 検索チャームがデスクトップでも利用可能に
    検索チャームがデスクトップでも利用可能に

    アプリやファイルだけでなく、Bingによるウェブ検索も含め、デスクトップ上でより多くの“調べる”が素早くできるようになりました。

  5. スタート画面の壁紙も変更可能に
    スタート画面の壁紙も変更可能に

    タスクバーのプロパティにある“ナビゲーションタブ”から設定できます。オリジナルの画像や写真を設定することができます。

さらに使いやすく、便利に進化した Windows 8.1

  1. 自由度が高まったスナップ表示
    自由度が高まったスナップ表示

    一画面内にアプリを同時表示可能にする“スナップ”機能が進化、サイズ変更に対応、左右にドラッグすることで好みの比率に変更できます。

  2. タッチキーボードでフリック入力対応
    タッチキーボードでフリック入力対応

    スマートフォンなどで定番となりつつある“フリック入力”に対応しました。

  3. ストアアプリの検索も簡単に
    ストアアプリの検索も簡単に

    日々充実していくストアアプリの検索もチャームからではなく、検索窓から簡単に探すことができます。

OSとの統合が進むSkyDrive、標準でデスクトップからのアクセス可能に

  1. エクスプローラーから操作が可能
    エクスプローラーから操作が可能

    Windows 8.1ではSkyDriveがさらに身近に。エクスプローラーから、通常のフォルダと同じ感覚でアクセスすることができます。

  2. PC設定からカスタマイズ
    PC設定からカスタマイズ

    PC設定の項目にSkyDriveの設定が追加されました。容量の追加購入から、ドキュメント保存先など詳細設定を行うことができます。

  3. オンとオフ、どちらでも使える
    オンとオフ、どちらでも使える

    ドキュメント毎にオフライン設定が可能、ネット接続がないときでも編集が可能に、編集内容はネット接続したときに自動的に同期されます。

Windows® XP サポート終了!移行・買い替えサポートキャンペーン

2014年4月8日に、Windows® XP および Office 2003 のサポートが終了しました。マウスコンピューターでは、引き続き古いPCの下取りサービスや、最新PCへの移行、買い替えを強力にサポートいたします。是非、この機会に、最新PCへの移行、買い替えをおすすめいたします!

Windows® XPサポート終了間近!移行・買い替えサポートキャンペーン