HOME2008年度ニュースリリース一覧(バックナンバー)ニュースリリース

ニュースリリース

株式会社マウスコンピューターと株式会社パシフィックネットによる
法人様向けパソコン買取サービス開始による提携拡大について


〜法人ユーザーへのサービス拡充と環境への新しい取組み〜
2008.06.18

株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都、以下マウスコンピューター)と株式会社パシフィックネット(代表取締役社長:上田満弘、本社:東京都、以下パシフィックネット)は、「2007年10月5日にインターネットでのパソコン買取業務について業務提携」を発表致しましたが、新たに法人ユーザー向けサービスとして「法人様向けパソコン買取サービス」を開始することを発表致します。

1.業務提携の目的

当社は、パシフィックネットと新たな取組みとして、パシフィックネットが展開するリユース・リサイクルプログラムを当社法人ユーザー向け新サービスとして開始致します。このプログラムは、当社製品以外の他社製品を含む使用済みパソコンと周辺機器の買取サービスとなり、従来、企業が産業廃棄物として廃棄していたパソコンと周辺機器をリユース・リサイクルすることにより、環境へ配慮した処理が可能となります。

当社は、パソコンや周辺機器の処分に苦慮されていたお客様の利便性向上を図り、お客様により一層満足していただく為の法人様向けサービスに繋げていきます。

一方、パシフィックネットはこの提携によりパソコンなどの商材の安定確保が可能となり、引き取ったパソコンのデータを上書き消去もしくは破壊したうえで、全国主要都市にある自社店舗及びWeb販売などにより売上拡大に繋げていきます。

2. サービス内容

1) 不要パソコン及び周辺機器の買取り

産業廃棄物として廃棄していた不要パソコン及び周辺機器を買取ることにより、「リデュース、リユース、リサイクルという経済産業省が推奨する3Rの実現を行ない、廃棄物の削減、再利用の促進、再資源化の促進を図ります。これにより「お客様が抱える廃棄コスト負担」、「環境負荷」の軽減が行なえます。
使用済みパソコンにおけるリユース(再使用)が推進されることにより、環境と経済が両立した循環型社会の構築が可能となります。

※買取・引取りいたしました、パソコン・情報機器に関しましては、お名前の入ったラベル等を剥がすことはもちろん、前所有者(会社)様のハードディスクやメディアなどデータ上書き消去や物理的な破壊を行ない、情報漏洩の防止を行なっております。

2) サービス対象者

・ 法人のお客様(新規・既存問わず)

3) サービス対象製品

・ 不要パソコン(マウスコンピューター製以外の他社製品を含む)
・ 周辺機器(液晶、プリンターなど)

4) サービス対象エリア

・ 全国
※パシフィックネットが定める一部地域は対象外とさせて頂きます。

5) サービス開始日時

・ 2008年6月18日(水曜日)
※ 詳細は、マウスコンピューター法人サイト又は、コーポレート営業部までお問合せください。

<サービス詳細URL>
http://www.prins.co.jp/pnconnect/mouse/