ストレージ HDD/SSD/M.2 SSD|BTOパソコン・PC通販ショップのマウス【公式】
トップページ 閉じる

製品情報

サポート・ガイド

店舗情報・アカウントサービス

ご注文

ストレージ HDD/SSD/M.2 SSD

ストレージ HDD/SSD/M.2 SSD

ストレージ(storage)とは「貯蔵」「保管」を意味し、パソコン用語ではハードディスクやSSD等の名称で呼ばれている記憶媒体の総称となります。
マウスコンピューターのパソコンでは用途に合わせて搭載するストレージをご選択いただけます。

HDDとは?

HDDとはハードディスクドライブ(hard disk drive)の略称で、HDDと表記されるパソコンの代表的な記憶装置です。

高速で回転する円盤(プラッタ)を内蔵しており、磁気ヘッドで情報の読み書きを行います。構造はレコードプレーヤーに類似しており、情報の読み書きを行う際の磁気ヘッドとプラッタは約10nmと非常に接近するため衝撃や埃に弱いという側面があります。

  • ハードディスクドライブの主な特長

    大容量データを保存可能

    大容量データを保存可能
    技術開発により、内蔵されている円盤(プラッタ)記録密度が向上した事で記録容量が大きく増加、より少ないプラッタ枚数で、より多くのデータを記録することが可能になりました。プラッタ枚数を増やすことで大容量データの記録にも対応します。

    コストを抑えたカスタマイズ

    コストを抑えたカスタマイズ
    ハードディスクドライブは、その構造からSSDやM.2 SSDに比べ、容量当たりの単価が安価になっており、データ容量のアップを目的としたカスタマイズをリーズナブルに行うことが可能です。

SSDとは?

SSDとはソリッドステートドライブ(solid state drive)の略称で、HDDと同様にパソコンの記憶装置です。
フラッシュメモリを用いてデータを記録するSSDは、磁気ディスクからデータを読み出すHDDと比べて、高速性と静音性に優れているため、OSや使用頻度の高いアプリケーションをインストールするメインドライブにお薦めです。

  • SSDの主な特長

    データ読込が高速

    データ読込が高速
    SSDはメモリーチップ上のデータに直接アクセスし、機械的な駆動時間が不要のため、データ読み出しにかかる時間が大幅に短縮されます。OSやアプリケーションの起動が体感できるほどに早くなります。

    静音性に優れている
    HDDのように駆動部分がありませんので、モーター回転音や読み取り時のシーク音(カリカリ音)がなく、ほぼ無音に近いのが特長です。

    消費電力が少ない
    モーターなどの駆動部分がないため、HDDと比べて消費電力が少なく、発熱も低く抑えられます。

    優れた耐衝撃性
    HDDと比べて、ヘッドやディスク等の駆動部品が無いため、衝撃や振動による耐性が強く、HDD特有の駆動部分の故障の心配がありません。
    また、軽量で小型なので、持ち運びの多いモバイル環境に適したストレージです。

M.2 SSDとは?

マザーボードにM.2スロットを備えた製品に搭載可能な最新のストレージ「M.2 SSD」は、従来のSSDに比べ更なる小型化、高速化を実現しています。

  • M.2 SSDの主な特長

    データ転送速度の高速化

    データ転送速度の高速化
    M.2 SSDの接続は2種類のインターフェイスがあり、SATA3(6Gb/s)の場合は最大600MB/s、PCI Express接続(32Gb/s)の場合は最大4000MB/sを実現しています。※
    高速化が著しいSSDの本来の性能を発揮するためには、より高速な転送速度に対応するPCI Express接続タイプをお勧めします。

    ※SATA3, PCI Express Gen3 x4接続の理論値

    さらなる小型化

    さらなる小型化
    通常のSSDと異なり、大きさは約22mm×80mm程度で、メモリの様なカード状の形をしています。
    また、マザーボードのM.2スロットに接続するため、各種ベイを占有することなく、他のストレージの増設が可能で、軽量化にも有利です。

RAID 0(ストライピング)とは?

RAID 0とは別名「ストライピング」と呼ばれ、複数のストレージを組み合わせて、データを分散して記録し、同時に複数のデータをアクセスすることで、アクセススピードを向上させる仕組みです。
また耐障害性が低いという側面もあり、ストレージが一つでも壊れてしまうと全体へのアクセスが不能になりデータが失われてしまいます。

  • RAID 0の主な特長

    高速かつ大容量のストレージに

    高速かつ大容量のストレージに
    複数のストレージを一つのストレージとして扱い、データの読み書きを分散させることにより、データの読み書きやアプリケーション起動の高速化を実現します。
    同一データを複数ストレージに記録するRAID 1「ミラーリング」とは異なり、構成するストレージの合計容量を利用できますので「高速で大容量な単一ストレージ」として使用可能です。

    ※利用できる容量は、RAIDとして組み合わせるストレージの合計となります。
    (1TB×2台の場合、利用できる容量は2TB)

おススメのカスタマイズ

  • 容量アップ

    容量アップ

    ストレージの容量をアップするメリットは、保存できるデータ量が増えることにあります。
    各種ソフトのインストールや、そのソフトで作り出したクリエイティブな作品、デジタルカメラの高解像度な写真や動画などの大容量のデータの保存が可能となります。

  • 速度アップ(ハードディスクからSSDへ変更 )

    速度アップ

    アクセスタイムが短縮され、全体的なパフォーマンスが向上し、パソコンをより快適にご使用いただけます。
    また、消費電力を抑え、衝撃や振動による耐性が強くなるなど、ノートパソコン向けのメリットがあります。

  • 速度+容量アップ(SSD + ハードディスク)

    速度+容量アップ

    SSDのアクセススピードを活かし、OSやアプリケーションをメインドライブにインストールすることで高速化を実現し、HDDには容量の大きさを活かして、各種データや写真・動画などを大量に保存可能で、両ストレージの長所を活かした高速性と大容量を同時に実現します。

  • M.2 SSD + 大容量SSD

    M.2 SSD + 大容量SSD

    M.2 SSDの転送速度、SSDのアクセススピードを最大限に活かした速度重視の構成で、常にスピードを求められるFPS等のゲームなどでその真価を発揮します。

  • SSD×2台(RAID 0構成)+ ハードディスク

    SSD×2台(RAID 0構成)+ ハードディスク

    SSDを2台を使用したRAID 0(ストライピング)構成することで、さらなる高速化が可能となり、緻密な3Dデータの作成や高解像度の画像処理等はSSDで行い、精製された大容量データはHDDに保存するなど、よりクリエイティブな作業に最適です。

おすすめカスタマイズ

  • Windows エディション別比較表
  • Office
  • ストレージ
  • 大容量メモリ
  • グラフィックカード
  • Quadro
  • ブルーレイディスクドライブ
  • 地デジチューナー
  • 電源ユニット
  • 水冷CPUクーラー
  • ノートPC用ショートタイプACケーブル
  • LEDバックライト液晶ディスプレイ
  • マカフィー
  • 出張設置サービス
  • 翌営業日出荷サービス
  • インテル Core i7 プロセッサー特集
  • インテル Core i5 プロセッサー特集
  • インテル Core i3 プロセッサー特集

ご不明な点は

製品についての詳細、またはご注文・お支払い方法などご不明な点は下記にてお問い合わせを承っております。
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

  • 個人のお客様

    電話:03-6833-1010 FAX:03-3599-3503 

    受付時間:10時〜20時 ※年末年始を除き無休

  • 法人のお客様

    電話:03-6739-3808 FAX:03-6739-3821 

    受付時間:平日 9時〜18時、土日祝 10時〜20時

    ※土日は個人窓口へ転送されます。
    ※公費払いのご相談等、一部のお問い合わせは週明けの対応になります。

ページの先頭へ

-->