HOMEおすすめカスタマイズ

カスタマイズオプション RAID

選ぶなら!大容量HDD または、2台目HDDがおすすめ!

RAID(レイド)とは?

複数台のハードディスク(またはSSD)を組み合わせて、1台のハードディスクとして利用する技術です。

RAIDを実装することで、大容量化するデジタルデータをより効率的に運用することが可能になります。

用途などによりRAID には各種レベルが存在しますが、マウスコンピューターではRAID 0およびRAID 1をカスタマイズオプションとして選択することができます。

※機種や搭載するOSによりRAIDを選択できない場合がございます。

RAID 0(ストライピング)とは

複数のハードディスクでデータの読み書きを分散させることにより、アクセススピードを向上させます。

データの読み書きやアプリケーションの起動を
高速化させたい方におすすめ!

・利用できる容量は、複数のHDDの合計となります。
(1TB×2台の場合、利用できる容量は2TB)
・1台のHDDに障害が発生した場合、全て動作不能となりデータの読み出し・復旧は不可能となります。

RAID 0

RAID 1(ミラーリング) とは

2台のハードディスクに同じデータを書き込むことで、万が一片方のハードディスクに障害が発生した場合でも、もう片方のハードディスクからデータを読み出すことが可能になります。

重要なデータの保存を行いたい場合におすすめ!

・利用できる容量は、HDD1台分となります。
(1TB×2台の場合、利用できる容量は1TB)
・全てのデータの保持を保証するものではありません。

RAID 1

RAID設定なしの場合

RAIDを構築しないため、それぞれ別のハードディスクとして認識します。

片方をOS起動ディスク、もう一方をデータ保管ディスクとするなど柔軟な運用が可能です。

・利用できる容量合計は、搭載したハードディスクの合計となります。

RAIDなし

RAID構成のご注文方法

お見積画面の「ハードディスク」項目からご選択ください。

選択方法

※画面はサンプルです。機種その他により選択できない場合がございます。
※OSなしモデルではRAIDを選択することができません。

※見積り画面で選択できない機種は変更、追加は出来ません。スピード出荷モデル、アウトレットモデルなど一部機種はカスタマイズすることは出来ません。
※RAIDは全てのデータの保持を保証するものではありません。
※ハードディスク容量は1GB=1000Byteの3乗換算であり、1GB=1024Byteの3乗換算の場合とは表記上同容量の場合でも実際の値は小さくなります。
※画像はイメージです。