マウスコンピューター がお勧めする Windows.

HOME > いまできるパソコンの節電と最新の省電力性に優れたパソコン

パソコンも節電しよう! いまできるパソコンの節電と最新の省電力性に優れたパソコン

電力使用制限令は終了しましたが、身近なところの節電を継続することで環境やお財布にもやさしくなります。いまパソコンは仕事・生活において欠かせないものとなっています。今までの使用方法や設定を見直すだけでできる節電から最新パソコンへの切り替えによる節電をマウスコンピューターから提案いたします。

最新パソコンはこんなに省エネ!昔のパソコンと最新のパソコンを比較

最新のパソコンは、より少ない消費電力で高い処理ができるよう進化しています。
CPUやメモリ、グラフィックスなどのハードウェアが省電力設計になっているだけでなく、OSもバージョンが変わるたびに省エネ機能が向上しています。
パソコンの買い替えサイクルとしてもっとも多い3年前のデスクトップPCと最新のデスクトップPCを比較した場合、3年前のパソコンに比べ最新のパソコンの性能は数倍にもなっていますが、消費電力は約50%も低下しています。最新のパソコンを使うだけで、省エネに貢献できます。

性能だけじゃない!省エネ性も最新パソコンは優れています!

  • ■測定スペック
  • Windows® 7 Home Premium 正規版
  • インテル® Core™ i7-2600 プロセッサー
  • 4GBメモリ(DDR3) / 500GBハードディスク
  • インテル® H61 Express チップセット
  • NVIDIA® GeForce® GTX550 Ti
  • ■測定スペック
  • Windows Vista® Home Premium 正規版
  • インテル® Core™ 2 Quad プロセッサー Q6600
  • 4GBメモリ(DDR2) / 500GBハードディスク
  • インテル® G33 Express チップセット
  • NVIDIA® GeForce® 8800GT

最新パソコン:52W 3年前のパソコン:114W 約54%省エネ

通常消費電力測定方法:OS起動完了の10分後に測定したアイドル時の数値です。
※消費電力は、使用状況・気温などさまざまな理由で変動いたします。上記数値は、測定時の消費電力となり必ずしも同様の数値となるものではありません。

液晶ディスプレイも最新のLEDバックライトで省電力に!

液晶ディスプレイを従来のCCFL(冷陰極管)からLEDを採用した液晶ディスプレイにする事で消費電力を大幅に削減できます。LEDは、発生する熱量が少なく夏場のオフィスや部屋などでの室温上昇に影響を及ぼし難くいだけでなく、薄型・軽量にも貢献しています。

LEDはテレビ・電球だけじゃない!パソコンのディスプレイもLEDで省エネに!

  • ■PLE2473HDS
  • 23.6型ワイド液晶ディスプレイ
  • 電源&スピーカー内蔵
  • HDMI端子x2、DVI-D端子、D-Subミニ15ピン
  • フルHD 1920×1080モード対応
  • ■PLE2407HDS
  • 23.6型ワイド液晶ディスプレイ
  • 電源&スピーカー内蔵
  • HDMI端子、DVI-D端子、D-Subミニ15ピン
  • フルHD 1920×1080モード対応

LED:24W 従来:46W 約47%省エネ さらにECOモードで13Wと省エネに!

最新のiiyama液晶には、簡単に省電力設定にできる ECO
モードを搭載!通常モードよりも消費電力を削減できます

今できる!パソコン省電力設定

今お使いのパソコンでも、設定の変更やちょっとした工夫で消費電力を抑えることができます。

液晶ディスプレイの明るさを抑えて節電に!

ディスプレイの明るさを適切に調整する事で消費電力を抑えることができます。

デスクトップPCの液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイに搭載されているオンスクリーン表示より輝度(ブライトネス)を選択して調整できます。
詳しくは、お使いのディスプレイ付属の取扱説明書をご確認ください。

ノートPCの液晶ディスプレイ
「Fnキー」を押しながら対応する「ファンクションキー」で調整可能です。
多くのノートPCでは、キーボードの「Fnキー」と「ファンクションキー」を操作して調整できます。
詳しくは、お使いのノートPC付属の取扱説明書をご確認ください。

スリープや画面オフでこまめに節電!

ちょっとした離席や外出の時などパソコンの電源を入れっぱなしの事はありませんか。
外出時や離席時にはスリープにする事で消費電力を削減できます。また、電源オプションよりプラン設定を変更して離席時に自動的に画面オフやスリープを行う事で手間をかけることなく使用してないときの消費電力を抑えられます。

「コントロールパネル」→「電源オプション」よりディスプレイの消灯時間やスリープへの移行時間を設定できます。
●OSごとの詳しい電源設定方法はこちら
Windows® 7 での設定方法はこちら
Windows Vista® での設定方法はこちら
Windows® XP での設定方法はこちら

使わないメディアや周辺機器は接続しない!

USB機器や、CD・DVDなどを接続しっぱなしや入れっぱなしにすると起動時にそれらを読み込んでしまうため、その分起動時間がかかります。 また、USB機器はUSBポートから電力の供給を受けて動作する機器もあります。
使用してない機器は取り外す、必要ないメディアは取り出しておくようにしましょう。

Windows® の起動・処理時間を短縮する方法(ハードウェア編)
  • ※ 掲載内容は予告無く変更または、終了となる場合がございます。
  • ※ 画像はイメージです。