スティックPC × はあちゅうさんインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スティックPC × はあちゅうさん

学生時代からブロガーとして活動し、現在は作家やコメンテーターとしても活躍しているはあちゅうさん。彼女は毎日パソコンを持ち歩き、ブログの更新や原稿の執筆に活用するだけでなく、国内外の旅先でも愛用モデルを持ち込む、ノートパソコンのヘビーユーザーだ。そんなはあちゅうさんに、ブログやパソコンを自分の仕事や夢の実現にどう活用してきたか、そして新感覚のスティック型PC「m-Stick」をどのように活用できるか聞いた。

小さなパソコンから、自分の夢を実現していく

大学生のときに始めたブログが反響を呼び、当時は「女子大生カリスマブロガー」とも呼ばれていたはあちゅうさん。そのブログはPVランキングでも常に上位に位置し、後に始めたブログも“女版電車男”などと呼ばれるほど大きな注目を集めた。だが、はあちゅうさんは当初、自分がそんな状況に置かれることを意図していたわけではなかったという。

「私は当時のことをよく『10分で10年が変わった』と話しているんです。18才のときにブログを始めたんですが、当時はまだブログをやっている人が少なくて、周りの人も『ブログって何?』という状況でした。でも、ブログを始めるのはすごく簡単で、自分の情報を登録して、アドレスを決めて、という作業が10分で終わったんです。そんなに反響があるとは思っていなかったんですが、結果的にこの10分があったおかげで、私はその後の10年が大きく変わりましたね」

その後、夢だった書籍の出版が叶い、女子大生プロデューサーとして商品開発に携わるなど、ブログをきっかけに次々と新たな世界が広がっていった。そして、“ブログで花開いた”と振り返る学生生活の締めくくりとして、卒業前に世界一周旅行のブログを開設。さまざまな企業から協賛を募り、ブログで商品やサービスを紹介しながら、タダで世界を巡るという前代未聞の企画を自ら立ち上げた。

「自分で営業に回って、25社から協賛していただきました。ノートパソコンや携帯電話も貸していただいて、ブログの更新に使っていましたね。サハラ砂漠の砂丘でも携帯電話の電波が届いた時はビックリしました! 母親からのメールが届いたんです(笑)」

どちらも欠かせないツールとして70日間の旅を支えてくれたのだが、問題がまったくなかったわけではない。世界一周となると、さまざまなシチュエーションでパソコンを使わなければならなくなる。ブログ更新には絶対に必要なツールを守るために、慎重に慎重を重ねて持ち運んでいた。

はあちゅうさんインタビュー写真1

「砂の対策が大変でした。例えば、サハラ砂漠の砂はすごく粒が小さくて、これがパソコンに入ってしまうとすぐに故障してしまうんです。だから、使わない時はタオルでくるんでパッケージに入れて、さらにビニールの袋に入れて保管していたんです。ブログ更新などでパソコンを使うたびに、それを全部開けて、終わったらまたぐるぐる巻きにして、という作業を繰り返していました」

こうして苦労を重ねながら続けた世界一周旅行のブログも話題となり、後に書籍化されて多方面から注目を集めた。10分で開設したブログをきっかけに広がっていったはあちゅうさんの夢は、独自のアイデアと行動力、そしてパソコンというパートナーの存在によって見事に実現できたのだった。

長い文章を書く時は、パソコンに向かって集中!

学生時代に人気ブロガーとして毎日のように記事を更新していたはあちゅうさんにとって、パソコンは欠かせないツールだったわけだが、今もそれは変わっていない。卒業後、広告代理店やマーケティング関連の企業で働いた後、2014年9月に独立。現在は執筆活動や講演活動、さらにはテレビ番組のコメンテーターなども手掛け、多忙な日々を送っている。

「取材や講演会で週の半分くらいは1日中、外出しているようなこともあるんですが、それ以外は自宅で執筆していることも多いです。今もブログは続けていて、プライベートだけでなく仕事関連の記事も少なくないですね。旅関連の記事も多くて、仕事に関係したものを含めると月に1、2回は旅行に行っています。旅先でもブログを更新しているので、いつでもどこでもパソコンを持ち歩いていますよ」

大学の授業で必要なこともあって、学生時代からWindowsのノートパソコンを使っていたというはあちゅうさん。現在愛用しているモデルも、モバイル用途に向いた小型のWindowsノートパソコンを使い続けているという。

はあちゅうさんインタビュー写真2

「本当に毎日ノートパソコンを持ち歩いているんです。移動が多いですし、海外に行く時も持っていくので、軽さと丈夫さは重視してますね。普段、横書きの文章を書く時は『紙copi』というソフトを使っています。2、3個の作業を同時に進められるので、ブログ更新用の文章を作りながら、アンケートの回答を書いたり、といったことがやりやすいんです。それと書いた内容を自動保存してくれるところも便利ですね」

SNSなどの更新はスマートフォンを使うことが多いが、ブログや原稿の文章を執筆する時は、もっぱらパソコンを使う。1日の中では、スマートフォンよりパソコンに向かう時間の方が多いという。やはり文章やアイデアを練るといったクリエイティブな作業には、パソコンが欠かせない。

「実は私、スマホのフリック入力ができないんですよ(苦笑)。私たちくらいの年代はちょうどガラケーで育った世代で、ボタンの入力に慣れているので、パソコンの方が楽という方のほうが多いのではないでしょうか。長文を書く時は、家でパソコンを使ってじっくり時間をかけています。移動中やカフェで書く時も少しあるんですが、やっぱり集中できませんね。長文を書くと決めたら、3時間は確保しますし、ソフトも『Word』を使ってしっかり書きます。やはり私にはパソコンに向かう時間が必要ですね」

はあちゅうさんインタビュー写真3

小型だからこそ活用法はアイデア次第

現在、愛用しているノートパソコンは、軽さと丈夫さを気に入っていると話していたが、実は本心では「もっと軽くなってほしい!」という願望もある。日々、仕事にプライベートにパソコンをヘビーユースするはあちゅうさんならではの悩みだ。

「私は普段持ち歩いている荷物がけっこう多くて、やっぱり重く感じることが多いんです。今はパソコン用にバッグを用意しているので、毎日2つバッグを持って移動しています。移動中に読む書籍は『Kindle』に入れてますし、スケジュールも手帳ではなくスマホで管理するようになったので、昔よりは何かと軽くなっているはずですが、それでも全部合わせると重いですね。やっぱり、ノートパソコンはもっと軽さを追求してほしいというのが本当のところです」

そんなはあちゅうさんは、超小型のスティック型PC「m-Stick」を初めて見たとき、かなり驚いたという。“もっと軽いパソコンが欲しい”という願望を、はるかに上回る形状とサイズだったからだ。

「最初はちょっと意味が分からなかったですね(笑)。これをどうやって使うんだろう?と思いました。あまりにも軽いですし、USB端子とは少し違う端子が付いているし。でもテレビやモニターに接続して使うというコンセプトを聞いたら、すごく便利そうだと思いましたね」

確かに「m-Stick」は、USBメモリをひと周り大きくしたような形状で、ディスプレイもキーボードもない。初めて見た人には一体何に使うものかも想像できないかもしれないが、はあちゅうさんは自分なりの使い方を見出だしていた。

はあちゅうさんインタビュー写真4

「価格も手頃なので、自分が使っているパソコンが故障した時の予備として用意しておくとよさそうです。以前、留学しているときにパソコンが故障して、修理のために日本に送ったんですが、いつ帰ってくるかわからないので結局、新しいものを買いました。それに旅行や出張に持っていくのもいいですね。ホテルのテレビにつないですぐに作業できるのは便利だと思います。世界一周の時はノートパソコンをグルグル巻きにして守ってましたが、これならもっと楽だったでしょうね(笑)」

自宅、屋外、そして国内外での旅先と、さまざまなシチュエーションでパソコンを使ってきたはあちゅうさんならではの目線で、この 「m-Stick」の活用方法を考えてもらった。最初に見た時はどう使うか想像すらできなかったはあちゅうさんだが、すぐにいろいろなアイデアが思い浮かんだようだ。

「家庭で気軽に使えるという点では、若い世代にも意外とマッチするかもしれません。最近はスマホしか使わないという人も多いですが、やっぱりパソコンで書類を作ったりしないといけないこともありますから、自宅でこれをテレビにつないで作業できると便利でしょう。YouTubeも普通に見れるから、娯楽にも使えますしね。機能や性能の面ではシンプルなモデルだと思いますが、それがここまで小さくなると、場所を選ばず仕事ができるようになって、アイデア次第で使い方がどんどん広がっていくと思いますよ」

m-stickシリーズ MS-NH1
はあちゅうさん 近影
はあちゅうさん
1986年生まれ。慶應義塾大学法学部在学中に、ブログで「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、注目される。卒業後、大手広告代理店で働きながら、著書も執筆。その後、ソーシャルネットマーケティング事業を手掛ける企業に移り、2014年9月に独立。現在はブロガー、作家として幅広い媒体に寄稿しながら、講演やテレビ出演なども行っている
m-stickシリーズ MS-NH1
m-stickシリーズ MS-NH1
HDMI端子でテレビや外部モニターに接続して使う、超小型のWindows PC。無線LANでネットに接続できるほか、キーボードなどはBluetoothでも接続できる。OSにWindows 8.1 with Bingを採用。32GBのフラッシュメモリを搭載する
詳しくはこちら
スティックPCとはあちゅうさん
「初めて見た時は、パソコンとは思えなかったですね。友人の家に持っていって、さりげなくテレビにつないでこの画面が出てきたらみんな驚くと思います」
(はあちゅうさん)

購入に関するお問い合わせ/ご注文

  • 個人のお客様

    電話
    03-6833-1010
    FAX
    048-739-1315

    受付時間:10時〜20時 ※年末年始を除き無休

  • 法人のお客様/再販・SI・インターネットカフェ事業者

    電話
    03-6739-3808
    FAX
    03-6739-3821

    受付時間:平日 9時〜18時、土日祝 10時〜20時

    ※土日は個人窓口へ転送されます。
    ※公費払いのご相談等、一部のお問い合わせは週明けの対応になります。

購入後のお問い合わせはサポートセンターへ

  • 電話によるお問い合わせ

    24時間365日受付対応しております

    0570-783-794

    ガイダンスに従って、メニュー番号を押してください。

  • IP電話・光電話をご使用のお客様

    03-6833-1286

    FAX

    048-739-1315

※お問い合わせにはシリアル番号・またはご注文番号が必要です。
※電話番号はお間違えの無いよう、よくお確かめのうえおかけください。電話の通話料はお客様のご負担となりますので、予めご了承ください。